大学大会結果

第30回 出雲駅伝 2018 結果 速報 ・ まとめ ( チーム通過順位 / 選手区間順位 / 学年順位 / タイム など )

2018年10月8日(月)に時島根県出雲市で行われる

第30回出雲駅伝2018

(島根・出雲市出雲大社~出雲ドーム=6区間45.1km)

今シーズンも早くも大学3大駅伝の初戦が始まります!

 

前年度の第29回出雲駅伝2017では、ゴールデン世代のスピードランナーを数多くそろえた

東海大学が見事な優勝を飾ったのも記憶に新しいところ!

リベンジに燃える前々年度の第28回出雲駅伝2016の優勝校であり、

箱根駅伝4連覇中の王者青山学院大学や、前年度の第94回箱根駅伝2018で2位に入った東洋大学といった

全国の強豪校同士の熱い勝負が今からとても楽しみです♪

ひなゆめ
昨年の出雲駅伝は、東海大学が自慢のスピードを活かした圧巻の走りで本当に強かったですね!

 

ここでは

第30回出雲駅伝2018の結果の超速報、まとめについて

ご紹介していきますね♪

 

便利な並べ替え&検索機能付きの表にまとめますので、チームの通過順位やタイム、選手の区間順位やタイム、学年などで並び替えて閲覧可能です♪


第30回 出雲駅伝 2018 概要

第30回 出雲駅伝 2018 概要 ( 開催日程 、コース、出場校、歴代記録 等)

出雲駅伝に車で観戦に行く裏技は? オススメ観戦スポット・コース・通過時間・交通規制・駐車場情報まとめ!

第30回 出雲駅伝 2018 エントリー

第30回 出雲駅伝 2018 チームエントリー ・ 区間オーダー ( 全出場チーム ・ 全出場選手 )

第30回 出雲駅伝 2018 結果 まとめ

※2018年10月8日(月)の夕方全選手結果を並べ替え&検索機能付きの表にまとめます!

※スマホで閲覧する場合は、左右にスクロールして確認できます。

区間通過
順位
通過
タイム
チーム名選手名学年区間
順位
通過
タイム
1区010h23m15青山学院橋詰 大慧4年010h23m15
1区020h23m21東洋相澤 晃3年020h23m21
1区030h23m28城西荻久保 寛也3年030h23m28
1区040h23m31中央学院川村 悠登3年040h23m31
1区050h23m34拓殖馬場 祐輔4年050h23m34
1区060h23m35東海西川 雄一朗3年060h23m35
1区070h23m42京都産業上坂 優太4年070h23m42
1区080h23m51IVリーグジョーダン
マン
080h23m51
1区090h23m58北信越学連福田 裕大4年090h23m58
1区100h23m59札幌学院ローレンス
グレ
1年100h23m59
1区110h24m00帝京遠藤 大地1年110h24m00
1区120h24m01立命館辻村 公佑4年120h24m01
1区130h24m10皇學館川瀬 翔矢2年130h24m10
1区140h24m11日本体育池田 耀平2年140h24m11
1区150h24m14法政坂東 悠汰4年150h24m14
1区160h24m22札幌国際板垣 辰矢M2年160h24m22
1区170h24m24東北学連松浦 崇之3年170h24m24
1区180h24m30日本文理北村 宙夢4年180h24m30
1区190h24m30早稲田半澤 黎斗1年190h24m30
1区200h24m37大阪経済塚本 裕也4年200h24m37
1区210h24m50広島経済大島 拓也4年210h24m50
2区010h39m41青山学院鈴木 塁人3年010h39m41
2区020h40m04東海館澤 亨次3年020h40m04
2区030h40m15東洋西山 和弥2年060h40m15
2区040h40m21拓殖硴野 魁星4年030h40m21
2区050h40m34中央学院栗原 啓吾1年090h40m34
2区060h40m37城西西嶋 雄伸3年120h40m37
2区070h40m51立命館高畑 祐樹3年040h40m51
2区080h40m51帝京横井 裕仁4年050h40m51
2区090h40m53IV
リーグ
ダン ネスター070h40m53
2区100h40m55京都産業稲垣 雄二2年140h40m55
2区110h41m13日本体育宮﨑 勇将4年080h41m13
2区120h41m22法政岡原 仁志3年110h41m22
2区130h41m27札幌学院佐々木 祐介3年150h41m27
2区140h41m33日本文理山田 泰史2年090h41m33
2区150h41m37北信越学連鈴木 基史4年160h41m37
2区160h41m39早稲田小澤 直人4年120h41m39
2区170h41m49皇學館上村 直也2年160h41m49
2区180h42m17札幌国際平沼 拳1年190h42m17
2区190h42m30大阪経済伊吹 崚汰3年180h42m30
2区200h42m40東北学連新舘 裕司4年210h42m40
2区210h42m51広島経済大下 浩平M2年200h42m51
3区011h05m02青山学院森田 歩希4年021h05m02
3区021h05m38拓殖ワークナー
デレセ
4年011h05m38
3区031h05m38東洋山本 修二4年031h05m38
3区041h06m16東海中島 怜利3年121h06m16
3区051h06m29立命館今井 崇人3年061h06m29
3区061h06m31中央学院髙橋 翔也2年081h06m31
3区071h06m38城西鈴木 勝彦4年091h06m38
3区081h06m39帝京岩佐 壱誠3年071h06m39
3区091h06m57法政大畑 和真4年051h06m57
3区101h06m59京都産業西川 和希4年101h06m59
3区111h07m03早稲田中谷 雄飛1年041h07m03
3区121h07m09IVリーグケビン
ドニィー
131h07m09
3区131h07m24日本体育山口 和也3年111h07m24
3区141h08m25皇學館平山 寛人2年141h08m25
3区151h08m26日本文理副島 将平3年161h08m26
3区161h08m42札幌学院田中 佑典2年181h08m42
3区171h09m21大阪経済富田 遼太郎2年151h09m21
3区181h09m26札幌国際山口 敏生M2年171h09m26
3区191h09m52北信越学連本間 豊1年191h09m52
3区201h11m13広島経済古谷 龍斗4年201h11m13
3区211h11m33東北学連沼田 旭陽2年211h11m33
4区011h23m02青山学院吉田 圭太2年011h23m02
4区021h23m47東洋小笹 椋4年041h23m47
4区031h24m11拓殖戸部 凌佑4年101h24m11
4区041h24m22東海關 颯人3年021h24m22
4区051h24m51帝京谷村 龍生2年051h24m51
4区061h24m51中央学院吉田 光汰1年061h24m51
4区071h25m01立命館原田 裕作4年091h25m01
4区081h25m09城西中島 公平4年081h25m09
4区091h25m18法政土井 大輔4年071h25m18
4区101h25m32日本体育廻谷 賢3年031h25m32
4区111h25m38早稲田新迫 志希3年111h25m38
4区121h25m48京都産業市川 佳孝2年121h25m48
4区131h26m18IVリーグブライアン
エイミスタッド
141h26m18
4区141h27m18皇學館桑山 楓矢2年131h27m18
4区151h28m08札幌学院宇野 翔2年161h28m08
4区161h28m16日本文理増田 晃大3年201h28m16
4区171h28m49大阪経済福井 智也4年171h28m49
4区181h29m20北信越学連依田 航太朗4年171h29m20
4区191h29m34札幌国際草島 凌2年211h29m34
4区201h30m34広島経済柴野 敏一4年151h30m34
4区211h31m22東北学連渡辺 誠也3年191h31m22
5区011h41m50青山学院生方 敦也3年021h41m50
5区021h42m17東洋今西 駿介3年011h42m17
5区031h43m13東海郡司 陽大3年031h43m13
5区041h43m24拓殖吉原 遼太郎2年081h43m24
5区051h44m00帝京星 岳2年061h44m00
5区061h44m13中央学院青柳 達也1年101h44m13
5区071h44m18法政坪井 慧3年041h44m18
5区081h44m23城西山本 嵐1年091h44m23
5区091h44m36日本体育岩室 天輝2年051h44m36
5区101h44m48立命館藤田 孝介3年121h44m48
5区111h44m48早稲田太田 智樹3年071h44m48
5区121h45m46IVリーグジュリアン
ヘニンガー
111h45m46
5区131h46m14京都産業宮下 朝光3年151h46m14
5区141h47m05皇學館山下 慧士3年121h47m05
5区151h48m44日本文理森口 翔平2年161h48m44
5区161h48m56札幌学院原田 響3年201h48m56
5区171h49m27大阪経済山口 祐太3年181h49m27
5区181h49m50札幌国際白戸 真大1年141h49m50
5区191h50m09北信越学連野部 勇貴3年211h50m09
5区201h51m16広島経済大竹 康平2年191h51m16
5区211h51m59東北学連伊藤 和哉3年171h51m59
6区012h11m58青山学院竹石 尚人3年020h30m08
6区022h12m10東洋吉川 洋次2年010h29m53
6区032h13m31東海湯澤 舜4年040h30m18
6区042h14m16拓殖赤﨑 暁3年090h30m52
6区052h15m02帝京島貫 温太3年110h31m02
6区062h15m04中央学院石綿 宏人2年080h30m51
6区072h15m07立命館吉岡 遼人2年050h30m19
6区082h15m11城西服部 潤哉4年070h30m48
6区092h15m31日本体育林田 元輝4年100h30m55
6区102h15m34早稲田清水 歓太4年060h30m46
6区122h16m14法政増田 蒼馬3年150h31m56
6区132h17m47京都産業日下 聖也4年130h31m33
6区142h18m55皇學館新美 健3年140h31m50
6区152h21m25日本文理米倉 光祐2年200h32m41
6区162h21m33札幌学院野村 隼斗2年180h32m37
6区172h22m08大阪経済内山 優弥3年200h32m41
6区182h22m17北信越学連小林 史弥3年160h32m08
6区192h22m30札幌国際水谷 慎太郎2年190h32m40
6区202h22m34広島経済木邑 駿3年120h31m18
6区212h24m28東北学連齊藤 寛峻D3年170h32m29
6区112h16m01IVリーグマシュー
マクドナルド
030h30m15

第30回 出雲駅伝 2018 結果 速報 ・ レース経過

※2018年10月8日(月)の13時~15時30分頃まで各区間の結果を超速報していきます!

 

 

 

 

 

1区 結果 速報

5キロ手前 :集団から法政大学の坂東悠汰選手(4年)、早稲田大学の半澤黎斗選手(1年)らが遅れ始める。

6キロ: 東洋大の相澤晃選手(3年)がスパートをかけ集団から抜け出す。すぐ後ろに城西大の荻久保寛也選手(3年)がピタリとつく。

7キロすぎ: 青山学院大の橋詰大慧選手(4年)が一気に前に出て、東洋大の相澤晃選手(3年)、城西大の荻久保寛也選手(3年)との差を広げる。

 

 

■1区:通過順位(トップ5)

  • 1位:青山学院大 23分15秒
  • 2位:東洋大 23分21秒
  • 3位:城西大 23分28秒
  • 4位:中央学院大 23分31秒
  • 5位:拓殖大 23分34秒

1区 区間賞

1区区間賞は、青山学院大学の橋詰大慧選手(4年)

  • 10000mPB:28.56.06
  • 5000mPB:13.37.75
  • 出身高校:和歌山北
ひなゆめ
橋詰大慧選手(4年)の5000mPBが全選手中2位のスピードは本物でしたね♪

 

2区 結果 速報

2キロ 1キロのペースを2分46秒に上げた青山学院大学の鈴木塁人選手(3年)が逃げる。追いかける2位の東洋大学の西山和弥選手(2年)との差が広がる。

4.7キロ 東海大学の館澤亨次選手(3年)が東洋大学の西山和弥選手(2年)を追い抜く。西山和弥選手(2年)必死に食らいつくが厳しい。

 

 

 

■2区:通過順位(トップ5)

  • 1位:青山学院大 39分41秒
  • 2位:東海大 40分04秒
  • 3位:東洋大 40分15秒
  • 4位:拓殖大 40分21秒
  • 5位:中央学院大 40分34秒

2区 区間賞

2区区間賞は、青山学院大学の鈴木塁人選手(3年)

  • 10000mPB:28.31.66
  • 5000mPB:13.53.20
  • 出身高校:流通経済大柏
ひなゆめ
王者青山学院大学の次期エース候補鈴木塁人選手(3年)の圧巻の走りでしたね♪

 

3区 結果 速報

2キロ 青山学院大学の森田歩希選手(4年)が余裕の走りでトップを独走。

早稲田大学スーパールーキー中谷雄飛選手(1年)が、早くも16位から13位に3つ順位を上げる!

5位グループには中央学院、立命館、城西、帝京

4.4キロ 3位でたすきを受けた東洋大学の山本修二選手(4年)が、東海大学の中島怜利選手(3年)を逆転し2位に浮上!

関西勢の立命館大学今井崇人選手(3年)が快走中!

6.1キロ 4位でたすきを受けた拓殖大学の留学生キャプテンワークナー・デレセ選手(4年)が3位の東海大学、2位の東洋大学を捕えて2位に浮上!

東洋大学のエース山本修二選手(4年)も一歩も譲らず激しいデットヒート!!

早稲田大学スーパールーキー中谷雄飛選手(1年)が、たすきを受けた16位から11位に5つ順位を上げる!

■3区:通過順位(トップ5)

  • 1位:青山学院大 1時間05分02秒
  • 2位:拓殖大 1時間05分38秒
  • 3位:東洋大 1時間05分38秒
  • 4位:東海大 1時間06分16秒
  • 5位:立命館大 1時間06分29秒

3区 区間賞

3区区間賞は、拓殖大学のワークナー・デレセ選手(4年)

  • 10000mPB:28.14.49
  • 5000mPB:13.55.72
  • 出身高校:メダニアレム
ひなゆめ
ワークナー・デレセ選手(4年)の10000mPBが全選手中堂々のトップの圧倒的スピードは本物でしたね♪

 

 

4区 結果 速報

3.7キロ 青山学院大学の吉田圭太選手(2年)がトップ独走!東洋大学の小笹椋選手(4年)と拓殖大学の戸部凌佑選手(4年)が並走で2位争い!

6.2キロ 青山学院大学の吉田圭太選手(2年)がトップでたすきわたし!45秒差の2位で東洋大学の小笹椋選手(4年)、1分9秒差の3位で拓殖大学の戸部凌佑選手(4年)がたすきリレー!

東海大学の故障から復帰してきたイケメンエース關颯人選手(3年)が声を張り上げながら1分20秒差の4位で続く!

 

■4区:通過順位(トップ5)

  • 1位:青山学院大 1時間23分02秒
  • 2位:東洋大 1時間23分47秒
  • 3位:拓殖大 1時間24分11秒
  • 4位:東海大 1時間24分22秒
  • 5位:帝京大 1時間24分51秒

4区 区間賞

4区区間賞は、青山学院大学の吉田圭太選手(2年)

  • 10000mPB:29.25.80
  • 5000mPB:13.50.67
  • 出身高校:世羅

 

5区 結果 速報

4キロ 青山学院大学の生方敦也選手(3年)がトップを快走。2位に東洋大学の今西駿介選手(3年)、3位に拓殖大の吉原遼太郎選手(2年)が続く。

6キロ 2位の東洋大学の今西駿介選手(3年)と先頭の青山学院大学の生方敦也選手(3年)の、タスキをもたっら時点で45秒差あった差が20秒程度まで縮まる!

 

■5区:通過順位(トップ5)

  • 1位:青山学院大 1時間41分50秒
  • 2位:東洋大 1時間42分17秒
  • 3位:東海大 1時間43分13秒
  • 4位:拓殖大 1時間43分24秒
  • 5位:帝京大 1時間44分00秒

5区 区間賞

5区区間賞は、東洋大学の今西駿介選手(2年)

  • 10000mPB:29.43.11
  • 5000mPB:14.08.91
  • 出身高校:小林
ひなゆめ
今西駿介選手(3年)の昨年のリベンジ!意地の快走で優勝はアンカー争いへ!

 

6区 結果 速報

1.7キロ 2位の東洋大学の吉川洋次選手(2年)が、先頭の青山学院大学の竹石尚人選手(3年)と、タスキをもたっら時点で27秒あった差を、8秒まで一気にに縮める!

5キロ 先頭の青山学院大学と追い上げていた2位東洋大学の差が一時は4秒まで縮まるも、青山学院大学の竹石尚人選手(3年)がアップダウンを利用しペースアップ!またその差が広がり始め15秒となる。

10位でタスキをもらった立命館大学の吉岡遼人選手(2年)が快走で、中央学院大学・城西大学との6位争いに加わる!

7キロ 3位争いを続けていた東海大学の湯澤舜選手(4年)が、4位の拓殖大学赤崎暁選手(3年)を突き放し差を広げる!拓殖大学は過去最高順位なるか?

ゴール 青山学院大学の竹石尚人選手(3年)が先頭で優勝のゴールテープを切り、2年ぶり4度目の優勝!。優勝タイムは2時間11分58秒。東洋大学の吉川洋次選手(2年)は12秒差の2位でゴール!

3位は東海大学の湯澤舜選手(4年)、4位は拓殖大学赤崎暁選手(3年)

5位は帝京大学、6位に中央学院大学と続き、7位には関西勢で唯一立命館大学が関東勢に割って入る健闘を見せた!

 

 

6区 区間賞

6区区間賞は、東洋大学の吉川洋次選手(2年)

  • 10000mPB:28.53.51
  • 5000mPB:14.15.73
  • 出身高校:那須拓陽
ひなゆめ
吉川洋次選手(2年)は区間賞で東洋大学の意地を見せるも、惜しくも2位フィニッシュ!

 

優勝チーム(青山学院大学) 選手インタビュー

1区:橋詰大慧(4年)

「3冠に向けていいスタートダッシュが切れるようにと思っていたので、トップでたすきを渡せてよかったです。うれしい気持ちでいっぱいです」

 

2区:鈴木塁人(3年)

「橋詰さんが最高の形でたすきをつないでくれたので、区間賞という形でいい流れを加速させて、森田さんにたすきを渡せたのでよかったです。

 

3区:森田歩希(4年)

「1区、2区で(ともに)区間賞と素晴らしいスタートだったので、自分のところで後ろとの差を広げて、三大駅伝が初の選手が2人いたので安心して走ってもらえるように、自分で差を広げようと思い走りました」

 

4区:吉田圭太(2年)

「いつも以上に余裕を持ってスタートできました。先輩方のおかげで気持ちよく走れました」

 

5区:生方敦也(3年)

「先輩たちがタイムを稼いでくれたので、リラックスして楽しく走ることができました」

 

6区:竹石尚人(3年)

「1区から5区の選手が本当にいい走りをしてくれたので、その流れで走れたと思います。生方のスパートを見たら感じるものがありましたし、ここで抜かれるようでは青山学院大のエースにはなれないと思ったので、気持ちで頑張りました」

 

原晋監督

「選手が自分自身の気持ちで頑張ってくれました。本当に学生たちに感謝したいですね。史上初の2度目の(学生駅伝)三冠に向けて気を引き締めて頑張っていきたいと思います」

第30回 出雲駅伝 2018 順位予想

第30回 出雲駅伝 2018 エントリー予想 . 順位予想 ( 新王者本命は東洋!? 東海の連覇.、青学の復権はなるか? )

 

第29回 出雲駅伝 2017 結果

▼出雲駅伝2017結果詳細はこちら▼

第29回 出雲駅伝 2017 結果速報 ・ まとめ 【画像 ・ 動画】

 

関連記事

  1. 第30回 出雲駅伝 2018 エントリー予想 . 順位予想 ( 新王者本命は東洋!? 東海の連覇.、青学の復権はなるか? )
  2. 第95回 箱根駅伝 2019 予選会 結果 速報 ・ まとめ ( チーム全体順位 / 選手個人順位 / 学年別順位 / タイム など )
  3. 出雲駅伝 区間賞 ランナーが履いていた ランニングシューズ まとめ! 学生ランナーが選ぶメンズランニングシューズは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す