ランニンググッズ

ランニングに最適な スポーツネックレス は?学生トップ選手の ランニングネックレス まとめ ( 箱根駅伝2019予選会 上位選手編 )

ひなゆめ
駒澤大学は箱根本戦でも優勝候補ですね!!

 

2018年10月13日(土)に東京都立川市で開催された

第95回箱根駅伝2019予選会

(陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園 ハーフマラソンコース 21.0975km)

2019年1月2日(水)、3日(木)に行われる日本のお正月の風物詩、第95回箱根駅伝2019!の

残り11チームの出場権をかけた、過酷な戦いが繰り広げられましたね♪

 

トップ通過候補の1つだった駒澤大学大学が「10時間29分58秒 」で、2位の順天堂大学に7分の差をつけて圧勝

全39校全457選手が走った中で、駒澤大学の10番目の選手はなんと29位という、周囲の予想をはるかに超える強さを見せつけ、

箱根駅伝シード校もさすがに脅威を感じたのではないでしょうか?

第95回箱根駅伝2019本戦での優勝争いに加わってくるのは、まず間違いないでしょう♪

 

そして、そんな第95回箱根駅伝2019予選会の学生ランナーたちの、首元は気になりませんでしたか?

私はめちゃくちゃ気になりました!ランナーの首元で光輝くネックレス

大学3大駅伝を走るような

トップの学生ランナー達は、いったいどんなスポーツネックレスを選ぶのか?

ということで、ここでは実際に、

第95回箱根駅伝2019予選会で活躍した学生長距離界のトップランナー達

実際に着けていたスポーツネックレスをまとめました♪

 

第95回箱根駅伝2019予選会 学生ランナーのスポーツネックレス

全体1位 ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019予選会で『1時間00分44秒』の好記録で全体1位でゴールしたのは、 

桜美林大学のレダマ・キサイサ選手(3年)です!

  • 10000mPB: 27分52秒74
  • 出身高校:テンデレ

2年連続全体1位でゴールした、マサイ族出身のレダマ・キサイサ選手(3年)はスポーツネックレスを付けていなかったですね!

ひなゆめ
ランニングシューズも注文していた物が届かなくて、チームメイトに借りたシューズで走ったらしく、ランニンググッズに頼らずとも圧倒的な強さを見せつける外国人選手は、やはりすごいですね!

 

▼キサイサ選手が履いていたランニングシューズを見てみる▼

 

全体2位 日本人1位 ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019予選会で『 1時間01分22秒』の記録で全体2位 日本人1位でゴールしたのは、 

順天堂大学の塩尻和也選手(4年)です!

  • 10000mPB:27分47秒87
  • 出身高校:伊勢崎清明

1万メートル資格記録で、外国人留学生を抑え全体1位の27分47秒87を持つ塩尻和也選手(4年)が

全体2位 日本人1位でゴールしましたが、塩尻和也選手(4年)もスポーツネックレスは付けていなかったですね!

ひなゆめ
飲み方がお上品すぎると噂の、日本学生トップランナーの塩尻和也選手(4年)ですが、スポーツネックレスなし、ランニングシューズはアシックスというイメージが強いですね!

 

▼塩尻選手が履いていたランニングシューズを見てみる▼

全体5位 日本人2位 ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019予選会で『1時間01分50秒』の記録で全体5位 日本人2位でゴールしたのは、 

駒澤大学の 片西景選手(4年)です!

  • 10000mPB: 28分38秒70
  • ハーフPB:1時間01分58秒
  • 出身高校: 昭和第一学園

全体2位 日本人1位でゴールした駒澤大学の絶対的エース片西景選手(4年)もスポーツネックレスは付けていなかったですね!

ひなゆめ
片西景選手(4年)は、前年度駒澤大学大エースだった工藤有生選手や、東海大学のエース關颯人選手らと同じミズノのランニングシューズで好走しましたね!

 

 

▼片西選手が履いていたランニングシューズを見てみる▼

全体6位 日本人3位 ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019予選会で『1時間01分57秒』の記録で全体6位 日本人3位でゴールしたのは、 

中央大学の堀尾謙介選手(4年)です!

  • 10000mPB: 28分48秒10
  • 出身高校:須磨学園

全体6位 日本人3位でゴールした中央大学の3本柱の1人堀尾謙介選手(4年)は、スポーツネックレスを付けていました!

危うく企画倒れになるところでしたが、スポーツネックレスをつけているトップ選手がいてよかったです(^^♪

レース中盤2位集団を引っ張る積極的な走りを見せながらも、最後まで粘りを見せ、『1時間01分57秒』の好記録でゴールしました!

中央大学のエースの座を争っていた同じく4年生の中山顕選手の中央大学ハーフマラソンを最高記録を30秒以上も更新する圧巻の走りでした!

 

そして、堀尾謙介(ほりおけんすけ) 選手が、第95回箱根駅伝2019予選会で付けていたスポーツネックレスは

クリオ マグナネックレス シルバー (CHRIO Magna Necklace Silver )

でした!

クリオ公式

クリオ公式

 

マグナネックレスは、素材にステンレスを使用しています。水分や腐食に高い耐性があり、アレルギー性も低く、軽くて丈夫。トップにクリオのブランドロゴが表裏に刻印された、シンプルなデザインです。存在感のある太めのチェーンが、アスリートの力強さを表現。モチベーションを高める洗練されたデザインなので、スポーツ時の使用やオフシーンでも活躍すること間違いなし。正真正銘、アスリートを常に身近で支えてくれる1本です。

インパルスネックレスと並び、クリオの中でも特に人気が高い「マグナネックレス」のシルバーカラーです!

ランニングだけではなく普段使いもできそうなくらいお洒落なネックレスですね

 

▼最安値を探してみる▼

全体7位 日本人4位 ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019予選会で『1時間02分02秒』の記録で全体7位 日本人4位でゴールしたのは、 

國學院大學の浦野雄平選手(3年)です!

  • 10000mPB: 28分51秒91
  • 出身高校:富山商業

全体7位 日本人4位でゴールした國學院大學のエース浦野雄平選手(3年)は、スポーツネックレスを付けていました!

レース序盤から積極的に前の集団についていきながらも、最後まで粘りを見せ、3年生以下では日本人トップの『1時間02分02秒』の好記録でゴールしました!

ひなゆめ
ハーフマラソンの『1時間02分02秒』は、國學院大學歴代最高記録更新となりました!

 

そして、浦野雄平(うらのゆうへい) 選手が、第95回箱根駅伝2019予選会で付けていたスポーツネックレスは

【Phiten/ファイテン】炭化チタンチェーンネックレス

に見えます!

【Phiten/ファイテン】炭化チタンチェーンネックレスは、肌に優しく軽いチタンのネックレスです。チタンは鉄に比べ、重さがが約6割程度と非常に軽量で、また丈夫で錆びにくく、アレルギーを引き起こし憎いことで有名で、医療機器など様々な分野で活躍するなど肌に優しく耐久性に優れた金属です。

実際数えてはいないですが、第95回箱根駅伝2019予選会では【Phiten/ファイテン】炭化チタンチェーンネックレスが一番多いのでは?

というくらい、付けてる選手が目立ち、学生ランナーへの人気が伺えましたね♪

 

▼最安値を探してみる▼

全体8位 日本人5位 ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019予選会で『1時間02分02秒』の記録で全体8位 日本人5位でゴールしたのは、 

明治大学の阿部弘輝選手(3年)です!

  • 10000mPB: 28分27秒56
  • 出身高校:学法石川

全体8位 日本人5位でゴールした明治大学のエース阿部弘輝選手(3年)は、スポーツネックレスを付けていました!

レース中盤、観客と衝突・転倒、更には足をつってしまうというアクシデントがありながらも、古豪明治のエースの貫禄・気合の粘り

『1時間02分16秒』の好記録でゴールしました!

ひなゆめ
度重なるアクシデントにあいながらも、1時間2分台前半で走り切った能力は、さすがの一言ですね!

 

 

そして、阿部弘輝(あべひろき) 選手が、第95回箱根駅伝2019予選会で付けていたスポーツネックレスは

【CHRIO/クリオ】 G-エディション ゼノ ネックレス

に見えます!

クリオ公式

クリオ公式

【クリオ G-エディション ゼノ ネックレス】は、ゲルマニウムを使用したスポーツネックレスです。使用しているゲルマニウムからは、0.925という高い放射率(5~20µm)で遠赤外線が発生していると検査機関により証明されています。
遠赤外線で体を温めることにより、血流の促進、疲労回復、新陳代謝の活性化など、スポーツ時のパフォーマンスアップが期待できます。シリコン素材は、軽量かつ肌にやさしく、汗など水分に強いことが特徴。長時間激しい動きを繰り返すスポーツ時にも安心して着用いただけます。アクセントとなっているアルミ合金製の留め具には磁石を内蔵し、着脱が簡単。モノトーンのシンプルなカラーリングで、どんなユニフォームにも合わせやすいデザインとなっています。

陸上、マラソン、バドミントン、卓球、テニス、ゴルフ、野球、サッカー、バスケ、バレーなど、各スポーツのアスリートの着用に対応しています。

XENO(ゼノ)はラテン語で異端の意。「本物」の多くは、最初は異端と呼ばれていました。このネックレスとともに「本物」をめざそう。※本製品は特許技術を採用しています。

クリオの新作で、人気が高いゲルマニウムのネックレスですね♪

ゲルマニウムとCHRIOの技術融合による、相乗効果が期待されている一品です!

 

▼最安値を探してみる▼

 

関連記事

  1. 箱根駅伝2019予選会 学生長距離界のトップランナー達が履いていた 選手に人気の最新メンズランニングシューズは ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す