一般&実業団大会日程、概要

大阪国際女子マラソン 2017 (第36回) 概要について(歴代記録、開催日程、コース等)

main_start03

2017年1月27日(日)に大阪府のヤンマースタジアム長居からスタートする第36回大阪国際女子マラソン2017が開催されます!

新春の大阪・なにわ路を舞台に繰り広げる国際マラソンである本大会は第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)代表選手選考競技会を兼ねた大会です

ここでは第36回大阪国際女子マラソン2017の開催日程、コースや歴代記録等の気になる概要についてご説明していきます。

なお、同日に「大阪ハーフマラソン」も開催されています。

スポンサードリンク

第36回 大阪国際女子マラソン 2017 概要

◆正式名称

大阪国際女子マラソン

英語:OSAKA Women’s Marathon

第1回~第3回までは「大阪女子マラソン」

◆開催日

2017年1月29日(日) 午後12時10分スタート

◆出場資格

2016年度日本陸上競技連盟登録者で、2015年1月1日以降、申込期日までに国内外の公認競技会で登録者として下記の記録を出した大会当日満19歳以上の女性競技者

 

 イ. マラソン: 3時間10分以内
 ロ. 30km: 2時間11分以内
 ハ. ハーフマラソン: 1時間28分以内
 ニ. 10000m、10km: 37分以内
 ホ. 日本陸上競技連盟が推薦する女性競技者

 公認競技会の一覧(日本陸連サイト)

※準招待枠の新設 上記イ・マラソンの項目で2時間50分以内の競技者全員を対象とする。(招待、ネクストヒロインを除く) 

◎招待競技者

日本陸上競技連盟が招待する国内外の女性競技者

◎「ネクストヒロイン」競技者

日本陸上競技連盟が招待する国内の女性競技者

◆コース

大阪国際女子マラソンコース(日本陸上競技連盟、IAAF/AIMS公認コース)

course2017

ヤンマースタジアム長居~昭和町~今川2~大池橋~勝山4~森ノ宮~OBP~北浜~大阪市役所~御堂筋・道頓堀橋南詰折り返し~淀屋橋~片町~大阪城公園~森ノ宮~勝山4~大池橋~今川2~昭和町~ヤンマースタジアム長居(42.195㎞)

◆テレビ中継

関西テレビ系(全国ネット)2017年1月29日(日)12時00分~生放送

スポンサードリンク

大阪国際女子マラソン 歴代記録

大会記録 (GR) 

野口みずき(京都・グローバリー)

タイム2:21:18  (2003年1月26日)

前年大会(第35回大阪国際女子マラソン2016)結果

順位 選手 タイム 所属
1位 福士加代子 2時間22分17秒 ワコール
2位 堀江美里 2時間28分20秒 ノーリツ
3位 竹中理沙 2時間29分14秒 資生堂
4位 ディアナ・ロバチェブスケ 2時間30分09秒 リトアニア
5位 重友梨佐 2時間30分40秒 天満屋
6位 加藤岬 2時間31分04秒 九電工
7位 東本彩 2時間31分28秒 十八銀行
8位 宮内宏子 2時間32分40秒 ホクレン
9位 中村仁美 2時間33分23秒 パナソニック
10位 竹本由佳 2時間33分29秒 キヤノン
11位 アツェデ・ハブタム 2時間34分34秒 エチオピア
12位 城戸智恵子 2時間35分19秒 キヤノン
13位 金成恩 2時間36分26秒 韓国
14位 床呂沙紀 2時間37分08秒 関西外国語大
15位 渡邊裕子 2時間37分55秒 エディオン
16位 堀川はる菜 2時間41分08秒 東京農業大
17位 井野光子 2時間41分09秒 久宝寺RC
18位 大樽瑞葉 2時間42分23秒 神戸学院大
19位 大畠万由子 2時間42分27秒 神戸学院大
20位 森祥子 2時間42分44秒 大塚製薬
21位 阪田愛子 2時間42分54秒 立命館大
22位 宇都宮恵理 2時間45分23秒 大東文化大
23位 俵千香 2時間46分07秒 TEAMR×L
24位 松岡友美 2時間47分14秒 三木市陸協
25位 田中千洋 2時間47分40秒 アスレックRC
26位 吉住友里 2時間47分49秒 大阪陸協
27位 佐藤香澄 2時間48分31秒 SRC904
28位 永岡真衣 2時間49分21秒 大阪学院大
29位 上野映子 2時間49分44秒 大阪陸協
30位 橋本美加 2時間49分45秒 鹿角陸協
31位 安川沙弥香 2時間51分01秒 ランバディ
32位 望月千幸 2時間51分05秒 キヤノン
33位 鈴木純子 2時間51分19秒 三菱重工高砂
34位 大谷潤子 2時間52分06秒 西宮市陸協
35位 吉村美香 2時間52分31秒 下関市陸協
36位 田中由美子 2時間52分42秒 YMRC
37位 村上愛美 2時間53分12秒 城西国際大
38位 藤澤舞 2時間53分49秒 作.AC北海道
39位 大峽英里 2時間53分56秒 YGRC
40位 福内櫻子 2時間54分00秒 大東文化大

歴代優勝者

※2016 年大会終了時点 ※氏名・所属(国名)は当時

大会氏名(所属)記録
第1回(1982)リタ・マルキシオ(イタリア)2時間32分55秒
第2回(1983)キャリー・メイ(アイルランド)2時間29分23秒
第3回(1984)カトリン・ドーレ(ドイツ)2時間31分41秒
第4回(1985)キャリー・メイ(アイルランド)2時間28分07秒
第5回(1986)ロレーン・モラー(ニュージーランド)2時間30分24秒
第6回(1987)ロレーン・モラー(ニュージーランド)2時間30分40秒
第7回(1988)リサ・マーチン(豪州)2時間23分51秒
第8回(1989)ロレーン・モラー(ニュージーランド)2時間30分21秒
第9回(1990)ロザ・モタ(ポルトガル)2時間27分47秒
第10回(1991)カトリン・ドーレ(ドイツ)2時間27分43秒
第11回(1992)小鴨由水(ダイハツ)2時間26分26秒
第12回(1993)浅利純子(ダイハツ)2時間26分26秒
第13回(1994)安部友恵(旭化成)2時間26分09秒
第15回(1996)カトリン・ドーレ(ドイツ)2時間26分04秒
第16回(1997)カトリン・ドーレ(ドイツ)2時間25分57秒
第17回(1998)リディア・シモン(ルーマニア)2時間28分31秒
第18回(1999)リディア・シモン(ルーマニア)2時間23分24秒
第19回(2000)リディア・シモン(ルーマニア)2時間22分54秒
第20回(2001)渋井陽子(三井海上)2時間23分11秒
第21回(2002)ローナ・キプラガト(ケニア)2時間23分55秒
第22回(2003)野口みずき(グローバリー)2時間21分18秒
第23回(2004)坂本直子(天満屋)2時間25分29秒
第24回(2005)エレナ・プロコプツカ(ラトビア)2時間22分56秒
第25回(2006)キャサンリン・ヌデレバ(ケニア)2時間25分05秒
第26回(2007)原裕美子(京セラ)2時間23分48秒
第27回(2008)マーラ・ヤマウチ(英国)2時間25分10秒
第28回(2009)渋井陽子(三井住友海上)2時間23分42秒
第29回(2010)アマネ・ゴベナ(エチオピア)2時間25分14秒
第30回(2011)赤羽有紀子(ホクレン)2時間26分29秒
第31回(2012)重友梨佐(天満屋)2時間23分23秒
第32回(2013)福士加代子(ワコール)2時間24分21秒
第33回(2014)赤羽有紀子(ホクレン)2時間26分00秒
第34回(2015)エレナ・プロコプツカ(ラトビア)2時間24分07秒
第35回(2016)福士加代子(ワコール)2時間22分17秒

イメージソング

THE ALFEE
「創造への楔(くさび)」

関西テレビ番組プレゼント

「ひざかんたんテーピング」「足首かんたんテーピング」「キネロジEX」「コロコロ®フロアクリン」セット を20名様にプレゼントしてくれる企画があります。

詳しくはこちら⇒番組プレゼントHP(応募は2017年1月29日(日)15:00まで)

第36回 大阪国際女子マラソン 2017 エントリー ・ 結果速報 ・ まとめ

大阪国際女子マラソン 2017 エントリー ・ 結果速報 ・ まとめ 【画像 ・ 動画】

スポンサードリンク

大阪ハーフマラソン 2017 概要 (同日開催)

大阪ハーフマラソン2017概要について(歴代記録、開催日程、コース等)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す

*