一般&実業団大会日程、概要

東京マラソン 2017 概要 について( 歴代記録 、開催日程 、コース等)

tokyoeye

2017年2月26日(日)に東京都の東京都庁からスタートする東京マラソン 2017が開催されます!

2007年の開催から11年目を迎えた今大会はコース変更があり新たな記録が期待されます。

ここでは東京マラソン 2017の開催日程、コースや歴代記録等の気になる概要についてご説明していきます。

なお、本大会は以下の大会を兼ねています。

・第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)男子マラソン代表選手選考競技会
・第101回日本陸上競技選手権大会男子マラソン
・アボット・ワールドマラソンメジャーズ シリーズⅩ

スポンサードリンク

東京マラソン 2017概要

◆正式名称

東京マラソン 2017

略称:東京マラソン

英文名:Tokyo Marathon

◆大会コンセプト

東京がひとつになる日。

◆開催日

2017年2月26日(日)
9時05分 車いすマラソン・10kmスタート
9時10分 マラソン・10kmスタート
10時50分 10km競技終了
16時10分 マラソン競技終了

◆出場資格

1)マラソン 大会当日満19歳以上

1-1)一般
6時間40分以内に完走できる者

1-2)準エリート
「RUN as ONE – Tokyo Marathon 2017」に定める推薦基準に達する者

1-3)エリート

・2016年度日本陸上競技連盟登録競技者で、別途定める参加基準に達する者

・招待選手(日本陸上競技連盟が推薦する国内・国外の者)

1-4)車いす(一般)
レース仕様車で2時間10分以内に完走できる者

1-5)車いす(エリート)

・2016年度日本パラ陸上競技連盟登録者かつ2017年IPC登録予定者で、大会当日にIPC ATHLETICS国際クラス(T53・T54)を所持している者。なおかつIPC公認大会で、男子1時間50分以内、女子2時間以内の記録を有する者

・招待選手(日本パラ陸上競技連盟が推薦する国内・国外の者)

2)10km 大会当日満16歳以上

  1. 2-1)ジュニア&ユース
    大会当日満16歳から満18歳までの1時間30分以内に完走できる者
    (1998年2月27日以降、2001年2月26日までに生まれた者)

    • ※東京都が東日本大震災復興支援を目的として企画する事業に参加する者を含む
  2. 2-2)視覚障害者
    大会当日満16歳以上 1時間30分以内に完走できる者
  3. 2-3)知的障害者
    大会当日満16歳以上 1時間30分以内に完走できる者
  4. 2-4)移植者
    大会当日満16歳以上 1時間30分以内に完走できる者
  5. 2-5)車いす
    大会当日満16歳以上 レース仕様車で35分以内に完走できる者

※車いすのレース仕様車とはIPC ATHLETICSのAthletics Rules and Regulation 2016-2017に定められた規格の車いすのことを指す

引用元:東京マラソン 2017公式サイト

 

◆コース

今大会(2017年)から「東京の素晴らしさを内外に一層アピールする」とともに、「記録をねらえる高速コースにする」という、二つの視点からコースが変更となりました。

かなり大胆なコース変更なので、レースがより一層楽しみですね。

tokyomarathonmap

・マラソン(42.195km)
東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り

(日本陸上競技連盟・IAAF/AIMS公認コース)

※旧コース:東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサイト

・10km
東京都庁~飯田橋~神田~日本橋(記録は公認されない・順位はネットタイムによる)

マラソン : 7時間
車いすマラソン : 2時間10分
10km : 1時間40分
車いす10km : 35分
※1 制限時間は、号砲を基準とする。
※2 交通・警備、競技運営上、関門閉鎖時刻を設ける。関門以外においても著しく遅れた場合は、競技を中止させる。

◆テレビ中継

日本テレビ系全国ネット(予定)

2017年東京マラソン(来年2月26日)から中継テレビ局のローテーションの見直しがありました。これまではフジテレビが奇数年、日本テレビが偶数年と固定されていたが、17~20年は日本テレビが奇数年、21~24年はフジテレビが奇数年とした。東京五輪直前の20年大会はフジテレビが担当する。

中継テレビ局
2017 日本テレビ
2018 フジテレビ
2019 日本テレビ
2020 フジテレビ
2021 フジテレビ
2022 日本テレビ
2023 フジテレビ
2024 日本テレビ
スポンサードリンク

東京マラソン歴代記録

前年大会(東京マラソン 2016)結果

優勝者一覧(2016)

・マラソン

種目 氏名 所属 記録 備考
マラソン男子 フェイサ・リレサ エチオピア 2時間06分56秒  
マラソン女子 ヘラ―・キプロプ ケニア 2時間21分27秒 GR(大会記録)
マラソン準エリート男子 橋本 崚 大分・青山学院大学 2時間14分38秒  
マラソン準エリート女子 ルース・シャーロットクロフト ニュージーランド 2時間40分59秒  
車いす男子 クート・フェンリー オーストラリア 1時間26分00秒  
車いす女子 土田 和歌子 東京・八千代工業 1時間41分04秒  

・10km

種目 氏名 所属 記録 備考
ジュニア&ユース男子 藤井 優吾 東京 0時間34分07秒 (ネット)
ジュニア&ユース女子 門間 由来 宮城 0時間38分39秒 (ネット)
車いす男子 佐藤 友祈 静岡 0時間24分33秒 (ネット)
車いす女子 安川 祐里香 神奈川 0時間27分04秒 (ネット)
視覚障害者男子 鈴木 卓 新潟 0時間40分01秒 (ネット)
視覚障害者女子 金野 由美子 東京 0時間49分01秒 (ネット)
知的障害者男子 小島 弘暉 埼玉 0時間39分24秒 (ネット)
知的障害者女子 澤 麻衣子 滋賀 0時間43分15秒 (ネット)
移植者男子 長谷川 秀一 兵庫 0時間41分11秒 (ネット)
移植者女子 小林 信江 東京 0時間48分20秒 (ネット)

上位選手一覧

マラソン男子

順位 氏名 所属 タイム
1位 フェイサ リレサ エチオピア 2時間06分56秒
2位 バーナード キピエゴ ケニア 2時間07分33秒
3位 ディクソン チュンバ ケニア 2時間07分34秒
4位 スティーブン キプロティチ ウガンダ 2時間07分46秒
5位 アベル キルイ ケニア 2時間08分06秒
6位 エリウド キプタヌイ ケニア 2時間08分55秒
7位 エマニュエル ムタイ ケニア 2時間10分23秒
8位 高宮 祐樹 ヤクルト 2時間10分57秒
9位 ハビエル ゲラ スペイン 2時間11分01秒
10位 下田 裕太 青山学院大 2時間11分34秒
11位 一色 恭志 青山学院大 2時間11分45秒
12位 服部 勇馬 東洋大 2時間11分46秒
13位 今井 正人 トヨタ自動車九州 2時間12分18秒
14位 岩永 暁如 九電工 2時間12分24秒
15位 山岸 宏貴 日立物流 2時間12分27秒
16位 濱崎 達規 小林コーポ 2時間12分45秒
17位 メクボ モグス サンベルクス 2時間12分55秒
18位 佐野 広明 Honda 2時間13分10秒
19位 松村 康平 MHPS長崎 2時間13分46秒
20位 中村 泰之 スズキ浜松AC 2時間13分46秒
21位 清水 和朗 ヤクルト 2時間14分16秒
22位 高田 千春 JR東日本 2時間14分29秒
23位 橋本 崚 青山学院大 2時間14分38秒
24位 菊地 聡之 城西大 2時間14分54秒
25位 西山 凌平 神奈川大 2時間15分42秒
26位 出岐 雄大 中国電力 2時間15分49秒
27位 渡邉 利典 青山学院大 2時間16分01秒
28位 山崎 敦史 SUBARU 2時間16分04秒
29位 Gilmar Silvestre Lopes ブラジル 2時間16分06秒
30位 村山 謙太 旭化成 2時間16分58秒
31位 上條 記男 重川材木店 2時間17分47秒
32位 五十嵐 真悟 城西大学クラブ 2時間17分47秒
33位 安井 雄一 早稲田大 2時間18分09秒
34位 土田 純 コモディティイイダ 2時間18分18秒
35位 竹中 友人 NTT西日本 2時間18分19秒
36位 濱崎 武雅 甲斐市陸協 2時間18分37秒
37位 今崎 文仁 大阪府警 2時間18分49秒
38位 ガンドゥ ベンジャミン モンテローザ 2時間19分11秒
39位 和田 壮平 徳島市陸協 2時間19分23秒
40位 林 昌史 ヤクルト 2時間19分29秒
41位 松岡 直希 三重陸協 2時間19分29秒
42位 齋藤 真也 天童市陸協 2時間19分50秒
43位 早坂 光司 石巻RC 2時間20分23秒
44位 藤原 新 ミキハウス 2時間20分23秒
45位 糟谷 悟 トヨタ紡織 2時間20分38秒
46位 利根川 裕雄 アルプスツール 2時間21分04秒
47位 五ヶ谷 宏司 JR東日本 2時間21分05秒
48位 清水 弥寿允 大阪府警 2時間21分07秒
49位 小川 智寛 南陽東置賜陸協 2時間21分34秒
50位 齋藤 拓也 小田原NR 2時間21分37秒

マラソン女子

順位 氏名 所属 タイム
1位 ヘラー キプロプ  ケニア 2時間21分27秒
2位 アマネ ゴベナ  エチオピア 2時間21分51秒
3位 エドナ キプラガト  ケニア 2時間22分36秒
4位 アベル ケベデ  エチオピア 2時間23分01秒
5位 ベルハネ ディババ  エチオピア 2時間23分16秒
6位 シュレ デミセ  エチオピア 2時間25分04秒
7位 アシェテ ディド  エチオピア 2時間25分50秒
8位 マヤ ノイエンシュワンダー  スイス 2時間27分36秒
9位 イザベラ アンデション  スウェーデン 2時間30分02秒
10位 奥野 有紀子  資生堂 2時間31分17秒
11位 中野 円花  ノーリツ 2時間33分39秒
12位 西尾 美耶  ホクレン 2時間34分18秒
13位 近藤 彩乃  ノーリツ 2時間35分13秒
14位 吉冨 博子  F-DREAM 2時間39分30秒
15位 加納 由理  若ちゃんFRC 2時間39分37秒
16位 鈴木 莉紗  アートスポーツ 2時間39分57秒
17位 Ruth Charlotte Croft ニュージーランド 2時間40分59秒
18位 海野 佳那  ノーリツ 2時間42分06秒
19位 井野 光子  久宝寺RC 2時間42分23秒
20位 綾部 しのぶ  DreamAC 2時間43分37秒
21位 石橋 早希江  熊谷市陸協 2時間44分00秒
22位 バージニア モロニ―  オーストラリア 2時間44分23秒
23位 廣瀬 光子  東京WINGS 2時間45分04秒
24位 谷 舞子  森野AC 2時間45分18秒
25位 佐藤 香澄  SRC904 2時間47分08秒
26位 鈴木 遥  ランビッツ 2時間47分32秒
27位 永田 幸栄  ラフィネ 2時間47分56秒
28位 松本 恭子  千葉陸協 2時間47分57秒
29位 菅生 晶子  聖徳大 2時間48分32秒
30位 加藤 美紀  東京陸協 2時間48分33秒
31位 大谷 潤子  西宮市陸協 2時間50分04秒
32位 藤澤 舞  作.AC北海道 2時間50分22秒
33位 田中 百子  東京陸協 2時間51分09秒
34位 三浦 可奈美  東京陸協 2時間52分05秒
35位 吉村 美香  下関市陸技協 2時間52分11秒
36位 桑原 絵理  県南陸協 2時間52分40秒
37位 名越 ゆかり  東京陸協 2時間52分42秒
38位 SEO RIN HONG 韓国 2時間53分06秒
39位 山本 沙也佳  下松市陸協 2時間53分28秒
40位 青山 由佳  CREST 2時間53分59秒
41位 佐々木 英里  YGRC 2時間54分54秒
42位 佐々木 寿子  東京WINGS 2時間55分03秒
43位 五十嵐 桂子  宮城陸協 2時間55分16秒
44位 馬渕 裕子  関体協 2時間55分29秒
45位 山口 遥  AC・KITA 2時間55分39秒
46位 長岡 美奈  Jアスリーツ 2時間55分42秒
47位 石川 奈都子  東京陸協 2時間55分59秒
48位 相羽 里咲  SMAC 2時間56分21秒
49位 花田 まり  大濠ランナーズ 2時間56分38秒
50位 加納 佐知子  関体協 2時間56分55秒

歴代優勝者一覧

マラソン男子

氏名所属タイム
2007ダニエル・ジェンガヤクルト2時間09分45秒
2008ビクトル・ロスリンスイス2時間07分23秒
2009サリム・キプサングケニア2時間10分27秒
2010藤原正和Honda2時間12分19秒
2011ハイル・メコネンエチオピア2時間07分35秒
2012マイケル・キピエゴケニア2時間07分37秒
2013デニス・キメットケニア2時間06分50秒
2014ディクソン・チュンバケニア2時間05分42秒
2015エンデショー・ネゲセエチオピア2時間06分00秒
2016フェイサ・リレサエチオピア2時間06分56秒

マラソン女子

氏名所属タイム
2007新谷仁美豊田自動織機2時間31分01秒
2008クラウディア・ドレハードイツ2時間35分35秒
2009那須川瑞穂アルゼ2時間25分38秒
2010アレフティナ・ビクティミロワロシア2時間34分39秒
2011樋口紀子ワコール2時間28分49秒
2012アツェデ・ハブタムエチオピア2時間25分28秒
2013アベル・ケベデエチオピア2時間25分34秒
2014ティルフィ・ツェガエエチオピア2時間22分23秒
2015ベルハネ・ディババエチオピア2時間23分15秒
2016ヘラ―・キプロプ ケニア2時間21分27秒

「東京マラソン」コース中の注目ポイント

◆東京駅前(ゴール地点)

コース変更があり、東京を象徴する場所、東京駅前でのゴールに変更となっている。以前のゴール地点(東京ビックサイト)より、応援が増えることでランナーはよりパワーを発揮し、感動のフィニッシュを味わうことができるだろう。

◆イメージソング

・ランナー応援ソング「駆け抜ける愛のうた ~はじまりのday by day~」

T-BOLANの森友嵐士(もりとも あらし)氏が作詞・作曲を手掛けています。2016年からイメージソングとして採用されています。

スポンサードリンク

東京マラソン 2017  エントリー ・ 結果速報 ・ まとめ 【画像 ・ 動画】

東京マラソン 2017  エントリー ・ 結果速報 ・ まとめ 【画像 ・ 動画】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す

*