大学大会概要

富士山女子駅伝 2018 概要 ( 開催日程 、 コース 、 出場校 、 歴代記録 等)※第13回全日本大学女子選抜駅伝競争

2018年12月30日(日)に静岡県の富士山麓(富士宮市・富士市)にて第13回富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝競争)2018が開催されます!

男子は箱根!女子は富士山!

世界遺産・富士山の麓で行われ、コースのどこからでも富士山が見える絶景コースで大学女子日本一決定戦が開催されます!

ひなゆめ
最上級生の4年生はこの大会で引退、また学校としも集大成の戦いになるため大学生の思いはとても熱く、女子大学生らしい笑顔や涙があふれる大会になります。

 

ここではそんな第13回富士山女子駅伝2018の開催日程、コース、出場チームや歴代記録等の気になる概要についてご紹介していきます。


富士山女子駅伝 2018 概要 ※第13回

名称

正式名称

2018全日本大学女子選抜駅伝競走

略称

富士山女子駅伝 2018

ひなゆめ
正式名称の「2018全日本大学女子選抜駅伝競走」は、毎年10月に行われる「全日本大学女子駅伝」と混ざって紛らわしいので、富士山女子駅伝と呼ぶのが分かりやすくて良いですね♪

 

開催日程

2018年12月30日(日) 午前10時00分スタート

ひなゆめ
もう年末ですね!年末の富士山女子駅伝!年明けの箱根男子駅伝といった感じ♪大学生ランナーの皆さんは年末年始が大変ですね!

 

出場資格

以下の条件を満たす合計22チームが出場します!

  1. 第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会2018の上位大学で出場を希望する12大学
  2. 5000m 7名のチーム記録による8大学
    ※対象となる記録は、2018年4月1日~2018年12月2日の期間に出した記録でなければならない
  3. 全日本大学選抜チームによる1チーム
    ※全国8地区学連(北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州)からの選抜チーム
    ※各地区学連からは原則として少なくとも1名以上を選抜し、編成する。
  4. 静岡県学生選抜チームによる1チーム
    ※静岡県内の中学校・高校を卒業した選手、または静岡県内の大学・大学院に在学する選手で編成する。
ひなゆめ
富士山女子駅伝は、全日本大学駅伝の上位校、5000m持ちタイムの上位校、更には選抜チームによって争われるため、「2018全日本大学女子選抜駅伝競走」と言われるだけあって、本当に選ばれた大学、選手たちだけの戦いですね!また、静岡県学生選抜チームは富士山女子駅伝2018の今大会から正式参加となります♪

 

チームエントリー・区間オーダー ルール

チームエントリーメンバー

  • 1チーム11名(監督1名、マネージャー1名、選手9名)

※参加申込みの段階ではさらに選手3名を加えて合計14名まで登録可能

区間オーダー

  • 1チーム9名(正選手7名、補員2名)

 

ひなゆめ
誰が選ばれるのかいまから楽しみです

チームエントリー・区間オーダー スケジュール

出場意思表明(1次締切り)

  • 2018年11月12日(月)まで

 →第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会2018の上位12チームは、大会事務局に出場意思の有無を指定用紙で回答

 ※1次締切りエントリーメンバーは合計17名(監督1、マネージャー1、選手15名)まで登録可

チームエントリー(2次締切り)

  • 2018年12月3日(月)正午まで

 →指定の用紙に記入し、大会事務局に電子メールで申し込み

 ※2次締切りエントリーメンバーは合計14名(監督1、マネージャー1、選手12名)まで登録可

チームエントリー(全日本大学選抜チーム)

  • 2018年12月3日(月)正午まで

 →指定の用紙に記入し、大会事務局に電子メールで申し込み

 ※全日本大学選抜チームエントリーメンバーは合計14名(監督1、マネージャー1、選手12名)まで登録可

チームエントリー(静岡県学生選抜チーム)

  • 2018年12月6日(木)正午まで

 →指定の用紙に記入し、大会事務局に電子メールで申し込み

 ※静岡県学生選抜チームエントリーメンバーは、合計16名(単独出場大学との重複も含む選手14、監督1、マネージャー1)まで登録可

 ※各チームはコーチ1名を登録することができる(経費は自己負担)

区間オーダー(メンバーエントリー)

  • 2018年12月29日(土)12時00分~12時30分まで

 →オーダー用紙1部と健康に関する誓約書を大会事務局に持参し提出

 ※選手合計9名(正選手7名、補員2名)まで登録可

コース

富士山本宮浅間大社前をスタート、富士総合運動公園陸上競技場をフィニッシュとする合計7区間43.4kmの富士山女子駅伝コース 

2区の90mもの下りや、7区の166mにも及ぶ急激な登り、また最短3.3km(3区)から最長10.5km(5区)まで高低長短入り混じった個性豊かな区間編成となっているため、見ている方は面白い反面、非常に苛酷で真の実力が問われるレースとなっております。

※5区の10.5㎞は女子駅伝としては日本最長区間となっております。

コースマップ・コース高低差

ひなゆめ
日本一を競う富士山女子駅伝2018は、富士宮市と富士市を結ぶ高低差 172mに及ぶ起伏にとんだコースとなっています♪

 

交通規制

各区間距離及び中継所

区間(距離) スタート/中継所/フィニッシュ
  スタート  富士山本宮浅間大社前
1区(4.1km)  
  第1中継所 富士山本宮浅間大社前
2区(6.8km)  
  第2中継所 ㈱石井鉄工所前
3区(3.3km)  
  第3中継所 富士市交流プラザ前
4区(4.4km)  
  第4中継所 富士市クリーンセンターききょう前
5区(10.5km)  
  第5中継所 ジヤトコ本社前
6区(6.0km)  
  第6中継所 岡島運輸㈱駐車場前
7区(8.3km)  
  フィニッシュ 富士総合運動公園陸上競技場
ひなゆめ
富士山女子駅伝は、富士山というだけあって急激な登りや下りがあるのが特徴ですね!女子駅伝の最長区間の5区10.5㎞が勝敗の大きな分かれ目になりそうです

 

表彰

チーム表彰

  • 優勝:優勝校に日本学生陸上競技連合会長杯、文部科学大臣杯、静岡県知事楯、富士市長杯、富士宮市長杯、賞状、メダルを授与
  • 表彰台:2位及び3位校に賞状、トロフィー、メダルを授与
  • 入賞:4位から8位までに賞状、トロフィーを授与

個人表彰

  • 区間賞:各区間最高記録者には、賞状、楯を授与
  • 優秀指導者賞:選考委員会で決定する優秀指導者には、賞状、楯を授与

テレビ中継

2018年12月30日(日) 午前9時55分〜12時40分 フジテレビジョン系列27局で全国中継生放送(10時号砲)

ひなゆめ
テレビ中継があるのは嬉しいです!現地に応援に行けない人たちは、年末ゆっくり家で富士山女子駅伝をテレビ観戦も良いですね

 

富士山女子駅伝 2018 出場チーム ※第13回

※第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会2018の上位大学で出場を希望する12大学には出場資格が与えられます。

ひなゆめ
つまり、1位の名城大学から、12位の関西大学までは希望を表明さえすれば出場することができます♪

※2018年12月5日追記 出場チーム全22チームが確定しました!

◎ 富士山女子駅伝 2018 出場チーム一覧

No. 所属
連盟
チーム名 出場枠
1 東海 名城大学 第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会上位12大学
2 関東 大東文化大学
3 関西 立命館大学
4 関東 東京農業大学
5 中四国 松山大学
6 関西 京都産業大学
7 関西 大阪学院大学
8 関西 大阪芸術大学
9 関東 東洋大学
10 関東 玉川大学
11 関東 日本体育大学
12 関西 関西大学
13 関西 佛教大学 5000m7名のチーム記録の上位8大学
14 関東 白鷗大学
15 九州 福岡大学
16 関東 城西大学
17 関東 順天堂大学
18 関西 京都光華女子大学
19 関西 関西外国語大学
20 東海 中京大学
21 全日本大学選抜 全国8地区の選抜チーム
22 静岡県学生選抜 静岡県の選抜チーム

 

◎第36回全日本大学女子駅伝2018 総合結果

順位 チーム名 記録
1 名城大学 2h05m26s
2 大東文化大学 2h06m00s
3 立命館大学 2h06m04s
4 東京農業大学 2h06m10s
5 松山大学 2h07m50s
6 京都産業大学 2h08m28s
7 大阪学院大学 2h08m30s
8 大阪芸術大学 2h09m35s
9 東洋大学 2h10m04s
10 玉川大学 2h10m14s
11 日本体育大学 2h10m16s
12 関西大学 2h10m36s
13 関西外国語大学 2h11m44s
14 城西大学 2h11m50s
15 佛教大学 2h11m59s
16 東北福祉大学 2h12m30s
17 順天堂大学 2h12m41s
18 札幌国際大学 2h13m03s
19 鹿屋体育大学 2h13m59s
20 中京大学 2h15m20s
21 福岡大学 2h15m22s
22 拓殖大学 2h16m09s
23 東亜大学 2h19m41s
24 石巻専修大学 2h19m56s
25 新潟医療福祉大学 2h22m09s
OP 東北学連選抜 2h23m30s

▼参考▼

第36回 全日本大学女子駅伝 2018 総合成績 ・ 区間賞 ・ 結果まとめ

富士山女子駅伝 歴代記録

前年度 ( 富士山女子駅伝 2017 ) 総合結果

順位 チーム名 記録
1 立命館大学 2゚23’46”
2 東京農業大学 2゚25’30”
3 名城大学 2゚25’38”
4 大東文化大学 2゚26’38”
5 日本体育大学 2゚26’56”
6 大阪学院大学 2゚27’18”
7 京都産業大学 2゚27’42”
8 佛教大学 2゚27’48”
9 松山大学 2゚28’19”
10 福岡大学 2゚28’23”
11 城西大学 2゚28’27”
12 白鷗大学 2゚28’51”
13 大阪芸術大学 2゚29’14”
14 玉川大学 2゚29’19”
15 東洋大学 2゚29’54”
16 関西外国語大学 2゚30’05”
17 東北福祉大学 2゚31’06”
18 西日本選抜 2゚32’08”
19 東日本選抜 2゚32’30”
20 関西大学 2゚32’54”
21 静岡県浙江省 2゚34’53”
ひなゆめ
2017年10月に行われた第35回全日本大学駅伝2017で、3位に甘んじた王者立命館大学が富士山女子駅伝 2017では復活の圧勝劇でしたね!

前年度 ( 富士山女子駅伝 2017 ) 区間賞

区間 記録 選手名 大学名
1区 12’57” 上田未奈 城西大学
2区 21’05” 佐藤成葉 立命館大学
3区 10’10” 田中綾乃 立命館大学
4区 14’28” 小汲紋加 玉川大学
5区 34’17” 関谷夏希 大東文化大学
6区 19’41” 赤坂よもぎ 名城大学
7区 29’41” 真部亜樹 立命館大学
ひなゆめ
富士山女子駅伝 2017の区間賞を見ても、優勝した立命館大学の強さが光ります!

 

歴代 総合記録  ・ 区間最高記録

富士山周辺コース(2016年~)歴代記録

区間 距離 大学名 選手名 タイム 記録年
総合 43.4km 立命館大 2:23:46 2017年
1区 4.1km 松山大 高見澤安珠 12:42 2016年
2区 6.8km 立命館大 佐藤成葉 21:05 2017年
3区 3.3km 立命館大 田中綾乃 10:10 2017年
4区 4.4km 立命館大 池内彩乃 14:13 2016年
5区 10.5km 大東文化大 関谷夏希 34:17 2017年
6区 6.0km 松山大 上原明悠美 19:38 2016年
7区 8.3km 立命館大 真部亜樹 29:41 2017年
ひなゆめ
富士山女子駅伝の歴代記録でも、立命館大学が一歩リード!一方、富士山女子駅伝 2017の5区10.5㎞の女子駅伝最長区間で区間賞を獲得した大東文化大学の関谷夏希選手の走りはお見事でした!

 

富士山周辺コース(2013年~2015年)歴代記録

区間 距離 大学名 選手名 タイム 記録年
総合 43.4km 立命館大 2:21:48 2013年
1区 6.7km 立命館大 菅野七虹 20:02 2013年
2区 3.4km 大阪学院大 中新井美波 10:43 2013年
3区 4.5km 立命館大 園田聖子 13:54 2013年
4区 9.4km 鹿屋体育大 鍋島莉奈 29:59 2014年
5区 5.0km 立命館大 大森菜月 15:29 2013年
6区 6.8km 立命館大 太田琴菜 21:37 2014年
7区 7.6km 立命館大 籔下明音 27:15 2013年

つくばコース(2007年~2009年)歴代記録

区間 距離 大学名 選手名 タイム 記録年
総合 30.67km 佛教大 1:37:35 2009年
1区 5.0km 佛教大 木崎良子 15:41 2007年
2区 3.0km 立命館大 山本菜美子 9:16 2009年
3区 5.5km 立命館大 小島一恵 17:07 2008年
4区 3.5km 佛教大 石橋麻衣 10:56 2009年
5区 6.0km 佛教大 竹地志帆 19:25 2009年
6区 7.67km 佛教大 西原加純 24:31 2008年
6区 7.67km 立命館大 小島一恵 24:31 2009年
ひなゆめ
富士山女子駅伝の歴代区間記録を見るとは2007年から2009年までは佛教大学の強さが光っています!第7回富士山女子駅伝2009では、立命館大学を破り、佛教大学が優勝を果たしています

 

さいたまコース(2004~2006年)歴代記録

区間 距離 大学名 選手名 タイム 記録年
総合 30.0km 立命館大 1:38:07 2006年
1区 5.0km 名城大 田中真知 16:04 2004年
2区 3.0km 名城大 田中真知 9:31 2006年
3区 5.9km 玉川大 五十嶺綾 19:22 2006年
4区 6.1km 立命館大 矢口衣久未 19:30 2006年
5区 3.0km 名城大 田中真知 9:36 2005年
6区 7.0km 関西学連選抜
神戸学院大
北野泰子 22:56 2006年

富士山女子駅伝 歴代優勝校

大会 大学名 タイム 距離 開催日程
第1回  立命館大学 1時間41分43秒 30km 2004年2月15日
第2回 立命館大学 1時間40分39秒 30km 2005年2月20日
第3回 立命館大学 1時間38分07秒 30km 2006年2月19日
第4回 立命館大学 1時間40分17秒 30.67km 2007年1月8日
第5回 立命館大学 1時間39分33秒 30.67km 2007年12月24日
第6回 立命館大学 1時間38分33秒 30.67km 2008年12月23日
第7回 佛教大学 1時間37分35秒 30.67km 2009年12月23日
第8回 立命館大学 2時間21分48秒 43.4km 2013年12月23日
第9回 立命館大学 2時間22分20秒 43.4km 2014年12月23日
第10回 立命館大学 2時間21分50秒 43.4km 2015年12月30日
第11回 立命館大学 2時間25分43秒 43.4km 2016年12月30日
第12回 立命館大学 2時間23分45秒 43.4km 2017年12月30日
ひなゆめ
富士山女子駅伝は過去12大会のうち、11回も立命館大学が優勝しているんですね!まさしく絶対王者といった感じでしょうか。第7回富士山女子駅伝2009で、立命館大学に唯一勝利した佛教大学もお見事ですね

 

富士山女子駅伝 2018 エントリー・スタートリスト

富士山女子駅伝 2018 エントリー ・ 区間 オーダー  ( 全出場チーム / 全出場選手 ) ※第13回全日本大学女子選抜駅伝競争

富士山女子駅伝 2018 結果速報・まとめ

→作成中

関連記事

杜の都駅伝2018 第36回全日本大学女子駅伝 概要 ( 歴代記録 , 開催日程 , コース , 出場校 , 前年度結果 等)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す