ランニンググッズ

ランナーのスポーツネックレス まとめ ※第95回箱根駅伝2019で区間賞獲得したトップランナー達が選ぶランニングネックレス

2019年1月2日(水)、3日(木)に行われた日本のお正月の風物詩、

第95回箱根駅伝2019

今年は第95回の記念大会で、シード校・予選会通過校等、総勢23チームが箱根路を走り抜けました!

第95回箱根駅伝2019の結果詳細はこちら↓

箱根駅伝 2019 結果 速報・まとめ 【往路】 ( 総合成績 ・ 区間賞 ・ 歴代記録 ) ※第95回東京箱根間往復大学駅伝競走2019

箱根駅伝 2019 結果 速報・まとめ 【復路】 ( 総合成績 ・ 区間賞 ・ 歴代記録 ) ※第95回東京箱根間往復大学駅伝競走2019

 

そして、そんな第95回箱根駅伝2019の学生ランナーたちの、首元は気になりませんでしたか?

私はめちゃくちゃ気になりました!ランナーの首元で光輝くネックレス

 

首周りをすっきりシャープな印象にもしているように感じますね♪

そこでここでは、

第95回箱根駅伝2019で区間賞(区間新記録)を獲得した学生長距離界のトップランナー達

実際につけていたおしゃれなネックレスをまとめてみましたのでご紹介します!


第95回箱根駅伝2019 ランナーのスポーツネックレス

4区 区間賞(区間新記録) ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019の準エース区間4区で『1時間00分54秒』の区間新記録で区間賞を獲得したのは、 

東洋大学の相澤晃選手(3年)です!

  • 10000mPB: 28.17.81
  • ハーフPB:1.02.05
  • 出身高校: 学法石川

 

優勝候補の一角だった東洋大学の3年生エース相澤晃選手(3年)が区間新記録を樹立!

2018年に神奈川大学の大塚倭選手(当時4年)が樹立した従来の1時間02分21秒の区間記録をなんと、1分27秒も更新する驚愕の記録

コース変更前に1999年に駒澤大学の藤田敦史選手(当時4年)が樹立した1時間00分56秒の不滅の記録も1秒更新してしまいました!

そして、相澤晃(あいざわあきら) 選手が、第95回箱根駅伝2019で着けていたスポーツネックレスは、

アクセフ カラーバンド ゴールドリフレクター鉄紺 (Color Band Gold Reflector 鉄紺)

でした!

株式会社テイコク製薬社とアパレルのサンフォード株式会社の共同開発によって生まれたブランドで

”カラダが、想像を超えてゆく“が商品コンセプトのスポーツネックレスとなっています。

IFMC.(イフミック)という溶出液を含侵した素材を使用した商品を装着する事で、リンパ管と血液の流れを促進させて体幹機能を高める効果が期待できるようです。

有名アスリートが着用しているのをよくSNSなどでみかけますね♪

▼最安値を探してみる▼

6区 区間賞(区間新記録) ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019の山下りの6区で『57分57秒』の区間新記録で区間賞を獲得したのは、 

青山学院大学の小野田勇次選手(4年)です!

  • 10000mPB:28.57.30
  • ハーフPB:1.03.42
  • 出身高校: 豊川

 

年々ハイレベルになってきている高速の山下り6区で、青山学院大学の山下り職人の小野田勇次選手(4年)が前人未到の57分台で区間新記録を樹立!

2017年に日本体育大学の秋山清仁選手(当時4年)が樹立した従来の58分01秒の区間記録を4秒更新しました!

そして、小野田勇次(おのだゆうじ) 選手が、第95回箱根駅伝2019で着けていたスポーツネックレスは、

コラントッテ TAO ネックレス AURA ( Colantotte TAO Necklace AURA)

でした!

 

 

コラントッテ TAO ネックレス AURAは、ネックループ全体に55mTの磁気がコラントッテ独自のN極S極交互配列で10mm間隔に配置されている磁気ネックレスで、

これにより着用しているだけで磁力が広範囲に働きかけることで血行を改善し、首コリ、肩コリの解消が期待できるようです。

▼最安値を探してみる▼

 

8区 区間賞(区間新記録) ランナーのスポーツネックレス

第95回箱根駅伝2019の8区で『1時間03分49秒』の区間新記録で区間賞を獲得したのは、 

東海大学の小松陽平選手(3年)です!

  • 10000mPB:28.35.63
  • ハーフPB:1.03.07
  • 出身高校: 東海大四

 

1997年に山梨学院大学の古田哲弘選手(当時1年)が樹立した従来の1時間04分05秒の区間記録を16秒更新

箱根駅伝最古の区間記録が樹立した1997年に生まれた小松陽平選手(3年)が見事な走りで記録を更新し、東海大学の総合初優勝の立役者となりました!

第95回箱根駅伝2019のMVP(金栗賞)も獲得しました♪

そして、小松陽平(こまつようへい) 選手が、第95回箱根駅伝2019で着けていたスポーツネックレスは、

ファイテン RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ (Phiten RAKUWA Neck EXTREME Crystal Touch)

でした!

ファイテン RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチは、天然石のような高級感が特徴で

メタックスを採用したハイパワーネックレスです。

透明感があり、軽く水に強いので普段使いはもちろん、スポーツシーンにもオススメ!

留め具にはアルミを採用。ワンタッチで簡単に着脱可能なスポーツネックレスです。

▼最安値を探してみる▼

あと、第95回箱根駅伝2019のMVP(金栗賞)を獲得した小松陽平選手(3年)は、全身に

ファイテンのパワーテープを大量に貼っていたのが目立ちましたね!

▼最安値を探してみる▼

関連記事

箱根駅伝 2019 区間賞(区間新記録) 獲得したエリートランナー達が履いていた 選手に人気の最新メンズランニングシューズは ?

ランニングに最適な スポーツネックレス は?学生トップ選手の ランニングネックレス まとめ ( 箱根駅伝2019予選会 上位選手編 )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す