大学大会注目選手

2016年東海大学黄金ルーキー世代が悲願の箱根制覇へ導く

tokaieyecatch

皆さんは、2016年大学陸上中長距離界に旋風を巻き起こしている、東海大学の黄金ルーキー世代の存在をご存知でしょうか?

2016年の新1年生世代は例年に比べ層が厚く佐藤悠基世代、大迫傑世代、村山兄弟世代等の過去の黄金世代と比べても遜色ないほどの実力者ぞろいで、モンスター世代とも呼ばれています。

スポンサードリンク

2016年モンスター世代のトップランナーはみんな東海大学に!?

過去の黄金世代と大きく異なるのは、そのモンスター世代のトップランナー達が東海大学1校にごっそり入学しております。

2016年の東海大学新1年生世代には、トップランナーの証である5000m13分台を高校時代に記録している選手が3名(関颯人選手、羽生拓矢選手、鬼塚翔太選手)もおります。

5000m13分台が一人でもいれば大成功のスカウトにおいて、同一年度に3人も獲得できるのは本当にすごいことです。

しかも、彼ら3人は高校時代の5000mのPB世代トップ4のうちの3人となります。

四天王のうち3人が同じチームってずるすぎじゃない?サッカーマンガのDAYSで10傑が3人もいる王者梁山よりありえないでよね!

余談ですが、DAYSは私が今一番好きな漫画で、駅伝好きな人は間違いなくはまります!純朴な少年のひたむきな努力に胸が熱くなります!心が震えます!
今なら1巻は無料で読めますので、是非読んでみてください↓

 

この3人だけでもかなり異例な事態ですが、2016年の東海大学新1年生世代が恐ろしいのはこの3人以外にも実力者がわんさかいます。

高校時代の5000mのPBトップ50まで見てみると、なんと9人もの選手が東海大学に進学しています。 恐ろしいですね。

高校時代5000m PBトップ50

01 13:51.85 關  颯人(佐久長聖)東海
02 13:52.98 羽生 拓矢(八千代松陰)東海
03 13:54.75 相澤  晃(学法石川)東洋
04 13:56.47 鬼塚 翔太(大牟田高)東海
05 13:56.81 中村 友哉(大阪桐蔭)青学
06 13:57.15 阿部 弘輝(学法石川)明治
07 13:59.03 長谷川 令(豊川高校)コニミノ
08 13:59.33 難波 皓平(専大松戸)順大
09 14:00.45 新迫 志希(世羅高校)早大
10 14:00:70 館澤 亨次(埼玉栄高)東海
11 14:02.85 中村  駆(西京高校)東洋
12 14:03:48 中村 大聖(埼玉栄高)駒澤
13 14:03.51 西川雄一朗(須磨学園)東海
14 14:04.08 三輪 軌道(愛知高校)明治
15 14:04.13 中島 大就(世羅高校)明治1
16 14:05.92 太田 智樹(浜松日体)早大
17 14:07.56 奈良 凌介(仙台育英)大東 
18 14:08.84 横川  巧(中之条高)中学
19 14:08.11 齋藤 雅英(早稲田実業)早大
20 14:08.63 渡邉 奏太(吉原工業)東洋
21 14:08.91 今西 駿介(小林高校)東洋
22 14:11.24 松尾淳之介(秋田工業)東海
23 14:11.16 永井 拓真(水城高校)青学
24 14:12:31 鈴木 塁人(流経大柏)青学
25 14:12.31 佐々木聖和(一関学院)駒澤
26 14:13.68 斉藤 寛明(國學院久我山)明治
27 14:14:09 高砂 大地(関大北陽)中学
28 14:14:10 中根 滉稀(流経大柏)青学
29 14:14.26 越川 堅太(東京実業)神大
30 14:14.37 小室  翼(仙台育英)東洋
31 14:14.44 宗  直輝(鳥栖工業)神大
32 14:14.62 中島 怜利(倉敷高校)東海
33 14:14.63 橋本 龍一(法政二高)順大
34 14:15.11 中平大二朗(大阪高校)トヨ自九
35 14:15.26 中村 大成(東北高校)駒澤
36 14:15:31 中谷 貴弘(倉敷高校)城西
37 14:15.36 郡司 陽大(那須拓陽)東海
38 14:15.59 荻野 太成(加藤学園)神大
39 14:16.02 大坪桂一郎(鳥栖工業)駒澤
40 14.16.41 福本 真大(西京高校)九電工
41 14:16.66 阪口 竜平(洛南高校)東海
42 14:16.71 坪井  慧(大垣日大)法政
43 14:16:92 井上 広之(世羅高校)山梨 
44 14:16.97 植村 拓未(世羅高校)青学
45 14:17.30 井上  錬(佐久長聖)SGHさがわ
46 14:17.31 安藤  駿(秋田工業)神大   
47 14:18.14 真船 恭輔(学法石川)東国
48 14:18.27 生方 敦也(佐野日大)青学
49 14:18.31 安田 共貴(大牟田高)神大
50 14:18.38 山村 凱斗(小林高校)山梨

スポンサードリンク

東海大学の優れた練習環境でポテンシャルが開花!?

また、さらに恐ろしいのはポテンシャルの高い選手が多数入っただけでなく、東海大学にはそのポテンシャルがいかんなく発揮できる最先端の設備がそろう優れた練習環境で、ポテンシャルが存分に開花するということです。

例えば、2016年度阪口竜平選手がジュニア(20歳未満)の日本歴代記録の1500m7位の記録を残しておりますが、高校時代の5000mPBは41位です。41位でも十分すごかったのですが、東海大学に入って、たった半年で25秒も記録を縮め世代6位にまで上り詰めており、そのポテンシャルがさらに開花しているのがわかります。

ジュニア(20歳未満) 1500m日本歴代記録

  タイム 名前 所属 日付
1 3分38秒49 佐藤清治 佐久長聖高等学校 1999年5月22日
2 3分41秒6 中村孝生 日本体育大学 1977年10月28日
3 3分42秒02 藤脇友介 山梨学院大学 1992年9月20日
4 3分42秒58 佐藤大樹 東海大学 2006年5月27日
5 3分43秒54 巽博和 順天堂大学 1988年7月10日
6 3分43秒69 關颯人 東海大学 2016年8月5日
7 3分43秒88 阪口竜平 東海大学 2016年6月4日
8 3分44秒21 前田恋弥 明治大学 2015年7月12日
9 3分44秒85 田母神一喜 中央大学 2016年7月11日
10 3分44秒98 安齋宰 順天堂大学 2013年7月28日

いやーすごいですね。歴代記録ですもんね。しかも1つ上の歴代6位には東海大学の同期の關颯人選手がいて、歴代記録に二人も入ってくるチームってすごすぎです!

さらに9位には中央大学の田母神一喜選手も入ってきており世代のレベルの高さがうかがえます。やっぱりモンスター世代ですね。

関連記事
田母神一喜選手紹介 1年で中大駅伝部副主将のイケメンスピードランナー

5000のPBを大学で更新した選手(14分20秒以内)

大学に入って半年間で5000mのPBを更新した上位選手(14分20秒以内)は以下の通りとなっております。

  名前 大学 大学PB 高校PB
1 關颯人 東海 13:41.3 13:51.9 -10.6 
2 鬼塚翔太 東海 13:43.6 13:56.5 -12.9 
3 新迫志希 早大 13:48.0 14:00.5 -12.5 
4 館澤亨次 東海 13:48.9 14:00.7 -11.8 
5 舟津彰馬 中央 13:50.8 14:27.8 -37.0 
6 阪口竜平 東海 13:51.7 14:16.7 -25.0 
7 横川巧 中学 13:52.5 14:08.8 -16.4 
8 鈴木塁人 青山 13:53.2 14:12.3 -19.1 
9 西川雄一朗 東海 13:58.5 14:03.5 -5.0 
10 高砂大地 中学 14:03.8 14:14.1 -10.3 
11 中島怜利 東海 14:07.0 14:14.6 -7.7 
12 中川翔太 日体 14:07.7 14:29.6 -21.9 
13 松尾淳之介 東海 14:08.1 14:11.2 -3.1 
14 橋本龍一 順大 14:08.4 14:21.1 -12.6 
15 河村一輝 明治 14:09.3 14:19.7 -10.4 
16 荻野太成 神大 14:09.4 14:15.6 -6.2 
17 岩佐壱誠 帝京 14:10.6 14:28.7 -18.2 
18 越川堅太 神大 14:11.2 14:14.3 -3.0 
19 高田凜太郎 東海 14:11.2 14:20.4 -9.1 
20 坪井慧 法政 14:12.8 14:16.7 -3.9 
21 冨原拓 中央 14:13.5 14:18.8 -5.3 
22 吉田祐也 青山 14:13.8 14:26.8 -13.0 
23 安永直斗 中央 14:14.8 14:23.6 -8.9 
24 西嶋雄伸 城西 14:14.8 14:36.2 -21.4 
25 平田幸四郎 帝京 14:16.1 14:31.4 -15.3 
26 青木祐人 國學 14:17.1 14:22.4 -5.3 
27 中園誠也 東海 14:18.0 14:20.0 -2.8
28 増田蒼馬 法政 14:18.6 14:25.8 -7.2 

こうしてみると、東海大学の選手が上位で軒並み伸びているのがわかりますね。ひぇー!!

また、87回連続出場という箱根駅伝連続出場記録が遂に途切れてしまった伝統の中央大学1年生選手の健闘も光ります!

特に1年生キャプテンとして話題となった舟津 彰馬選手はたったの半年でタイムを37秒も縮めて、モンスター世代のトップ5にまで上り詰めているのはすばらしいの一言ですね!さすが1年生ながらも主将に抜擢されるだけはありますね!

関連記事→舟津彰馬選手紹介 予選会挨拶で確信!中大復活は1年生主将が導く!

2016年東海大学黄金ルーキー世代本当の恐ろしさはトラックではない!?

また東海大学の黄金ルーキー達はトラックだけではなく、ロードでも抜群の実績を持つため、駅伝でもその実力を発揮しそうです。

高校長距離界の最高峰レースと言われる昨年12月の全国高校駅伝1区(10キロ)でが関颯人(せきはやと)選手が区間賞、1秒差の2位に羽生 拓矢選手、4位に鬼塚 翔太選手が続いています。
またここでも駅伝の四天王のうち3人が東海大学です。
さらに5位・阪口竜平選手、6位・館沢亨次選手を含め、上位6人のうち、3位の中島大就選手(明大)を除いた5人が東海大学でチームメートとなっています。

上位6人中5人が同じ大学って・・・スカウト能力凄すぎです!!

出雲駅伝でも3区区間賞の関 颯人選手の他にも、1区区間2位の鬼塚 翔太選手、2区区間2位の館沢 亨次選手と1区から3区まで1年生が3人並んだ布陣で黄金ルーキーズはそれぞれ期待以上の走りをして東海大学の3位という結果に貢献しています。
1年生3人で区間2位、2位、1位って完璧すぎない?過去にそんなことあったんですかね? 3区終了時点で最強王者の青学に23秒差をつけての1位!?いやー恐ろしい!

スポンサードリンク

最後に

今後数年間、大学長距離界に旋風を起こし続けるであろう東海大学の黄金ルーキー世代。この世代が順調に成長すれば、今や絶対王者として君臨している青山学院大学に勝利する日も近いのではないかと思わせてくれるほどです。

関 颯人選手、鬼塚 翔太選手を筆頭に本当に実力者が並んでいます。

彼らが順調に成長を重ねれば、山の神の神野を擁し、往路記録、復路記録をともに塗り替えた2015年青山学院大学の総合10時間49分27秒という伝説の記録を破る日も近いのではないでしょうか!

2015年箱根駅伝青学完全優勝

2015年箱根駅伝青学完全優勝

モンスタールーキー達の今後の活躍にますます期待が膨らみます!

スポンサードリンク
関連記事はこちら

コメントを残す

*