大学大会戦前予想

第11回 富士山女子駅伝 2016 注目校、注目選手紹介☆駅伝が100倍楽しめる♪【画像・動画】

hujisannekidenn2016

2016年12月30日(日)に静岡県の富士山麓(富士宮市・富士市)にて第11回富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝)2016が開催されます!

男子は箱根!女子は富士山!

世界遺産・富士山の麓で行われ、コースのどこからでも富士山が見える絶景コースで大学女子日本一決定戦が開催されます!

女子大学生らしいはじける笑顔や、こぼれる涙が印象的な大会ですね♪

ここでは第11回富士山女子駅伝2016の、気になるチームや選手などの要注目のポイントについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

富士山女子駅伝2016概要

第11回富士山女子駅伝2016(全日本大学女子選抜駅伝)概要について(開催日程、コース、出場チーム、歴代記録等)【画像・動画】

スポンサードリンク

富士山女子駅伝2016注目校

立命館大学

まず最初の注目校は2013年~2015年大会まで現在3連覇中の王者立命館大学!

エントリー選手 10000mPB 5000mPB 3000mPB
池内 彩乃(4) 15分46秒74 09分17秒64
菅野 七虹(4) 32分55秒97 15分40秒68
大森 菜月(4) 15分28秒32 09分09秒54
廣田 麻衣(4) 15分46秒96 09分18秒20
園田 聖子(4) 34分17秒93 15分53秒50
太田 琴菜(3) 33分19秒43 15分33秒74
和田 優香里(3) 32分47秒74 16分00秒34
松本 彩花(3) 16分05秒91 09分16秒60
加賀山 恵奈(2) 15分51秒53 09分13秒33
関 紅葉(2) 32分40秒79 15分42秒36
橋本 紗貴(2) 16分35秒18 09分25秒63
佐藤 成葉(1) 15分27秒83 09分14秒60

佐藤 成葉(1)選手、関 紅葉(2)選手、太田 琴菜(3)選手などなど各年代にエース格の実力者をそろえる王者立命館大学!

特に佐藤 成葉(1)選手は2016年12月の記録会で5000m現役大学生最速タイムを叩き出すなど絶好調!!

そして1年生時から王者立命館大学で主力を張ってきた駅伝の申し子4年生エースの大森 菜月(4)選手が超強力!

はじける笑顔が素敵ですね♪

全日本大学女子駅伝では1年生時から3年連続区間賞を獲得、富士山女子駅伝でも1年生時に5区区間賞を獲得するなど大学女子駅伝界のエースといっても過言ではないほどの実績を誇ります!

2015年の11月に痛めた右ひざ&左足かかとの影響で、しばらくレースに出れない状態でしたが、2016年9月に行われた全日本インカレ2016では5,000mで優勝した松山大学の中原 海鈴(4) 選手と僅差の2位に入る等、徐々に調子を取り戻してきています。

2016年10月に行われた全日本大学女子駅伝では6連覇を目指す絶対王者の立場で臨みましたが、結果はまさかの2位。松山大学に優勝を奪われ、悔し涙をこぼしています。

頼れる四年生の菅野 七虹(4)選手、池内 彩乃(4)選手や各年代のエースたちも含めチーム全体の調子がいまひとつであったことが、敗因かと思いますが、なかでも大森 菜月(4)選手や、和田 優香里(3)選手は王者らしい意地の走りを見せてくれました!

キャプテン菅野 七虹(4)選手も「キレイに勝つとかではなく、どんな手を使ってでも勝ちたい!取り戻したい!」と意気込みを語ってくれているように、4年生にとっては大学生活最後の駅伝、富士山女子駅伝2016で執念の走りで王者奪回を目指します!

チームの調子さえもどれば、優勝候補筆頭かと思いますので、先日流した悔し涙を力に変えて、富士山女子駅伝2016でははじける笑顔を見せていただきたいと思います♪

松山大学

続いての注目校は全日本大学女子駅伝2016で王者立命館大学を破った松山大学!

https://twitter.com/29Nakahara/status/792983574089637888

エントリー選手 10000mPB 5000mPB 3000mPB
※は3000mSCPB
1500mPB
上原 明悠美(4) 32分36秒25 15分37秒89
中原 海鈴(4) 15分36秒22 04分27秒31
松田 杏奈(4) 32分54秒41 15分54秒13
三島 美咲(4) 15分53秒07 10分05秒94※
上杉 円香(3) 16分11秒79 09分24秒63
高見澤 安珠(3) 09分44秒22※ 04分25秒61
緒方 美咲(2) 15分49秒26 04分30秒05
谷 珠祈(2) 16分27秒55 04分29秒07
古谷 奏(2) 32分56秒78 15分46秒09
藤原 あかね(2) 15分56秒72 09分25秒12
岡田 佳子(1) 16分22秒77 04分23秒16
高見沢 里歩(1) 15分52秒58 04分22秒26

なんといってもリオデジャネイロオリンピック2016に現役女子大生として3000SCで出場した、大エース高見澤 安珠(3)選手の存在が大きいですね!

スピードとスタミナを併せ持つモンスターランナー!2016年10月に行われた全日本大学駅伝2016では最終6区(5.2km)で立命館大学の駅伝の申し子大森 菜月(4)選手を上回り区間新記録で区間賞を獲得するなど駅伝での実績も申し分ありません!

ただ、全日本大学駅伝2016では勝負が決した後の争いだった感は否めず、次の富士山女子駅伝2016でも松山大学が優勝するためには、今度こそバッチバチの競り合いで王者立命館大学のエースを自ら打ち破る必要があるかと思います!好勝負を期待したいですね♪

あとは、2016年9月に行われた全日本インカレ2016の5,000mで優勝した頼れるキャプテン中原 海鈴(4) 選手が絶好調なのもチームとして大きいかと思います。こちらも立命館大学のエース大森 菜月(4)選手が故障明けだったこともあるかと思いますが、ラストスパートでねじ伏せて優勝を飾っております!2年時からずっとけがで苦しんできましたが、ようやく本来の力を発揮できるようになり、大学生活最後の駅伝にも期待が高まります。

https://twitter.com/tetsujiman/status/772077842356023296

全日本大学駅伝2016でも5区(9.2km)で区間賞を獲得し、チームを優勝に導く走りをしてくれました!

同じく全日本大学駅伝2016で2区(5.6km)で区間賞を獲得した緒方 美咲(2)選手、4区(4.8km)で区間新記録で区間賞を獲得した高見沢 里歩(1)選手なども絶好調でチームとしての勢いがすごいので、富士山女子駅伝2016でも立命館大学を下し2冠を達成する可能性もありそうです♪

名城大学

最後の注目校は全日本大学女子駅伝2016で3位に入った名城大学!

エントリー選手 10000mPB 5000mPB 3000mPB
※は3000mSCPB
1500mPB
北本 可奈子(4) 16分10秒67 09分27秒85
齋藤 菜摘(4) 33分34秒07 16分17秒90
湯澤 ほのか(4) 33分20秒69 15分44秒17
横山 友里乃(4) 16分00秒03 09分21秒12
赤坂 よもぎ(3) 33分20秒57 15分57秒40
名倉 華子(3) 16分25秒21 09分35秒98
青木 和(2) 15分56秒95 09分09秒55
玉城 かんな(2) 32分40秒28 15分48秒85
松浦 佳南(2) 16分17秒56 09分29秒98
鈴木 瑞季(1) 09分23秒89 04分24秒93
德永 香子(1) 16分04秒14 09分22秒24
向井 智香(1) 09分22秒78 04分16秒76

全日本大学女子駅伝2016では前半区間に配置された選手の快走が目立ち、4区までトップを快走しました!終盤に失速はしてしまいましたが、序盤は見事なレース展開で、東海大学の名門名城大学は2強を敗るチャンスもあるかと感じました。

特に注目なのは、全日本大学駅伝2016で3区(6.8km)で区間賞を獲得した湯澤 ほのか(4)選手!チームの頼れるキャプテンです♪

同じく全日本大学駅伝2016で1区(6.4km)で区間2位位の好走で流れを作った青木 和(2)選手、2区(5.6km)を区間2位でチームを1位に押し上げた德永 香子(1)選手など下級生の勢いも素晴らしいものがあります!!

個人的にも青木 和(2)選手を応援しています♪見た目はかわいらしいのに走りは監督も太鼓判を押すほどの逸材!非常に魅力的です!

あとは至学館高校時代の2015年全国高校総体(インターハイ)陸上女子で、女子800mと1500mで大会史上2人目の快挙となる2冠を達成し鳴り物入りで入学してきたスーパールーキー向井 智香(1)選手の走りにも期待です!

関連記事→2016年話題の美女ランナー紹介2!強くてかわいい鈴木選手にホープの向井選手♪

1年生から4年生までバランス良く戦力を整えており、11年前の全日本大学女子駅伝以来の日本一にも手が届くところに来ていると思います!

富士山女子駅伝2016注目ランナー

富士山女子駅伝2016注目校以外にも注目ランナーが目白押しなのでご紹介していきます。

新井沙紀枝(4) (大阪学院大学)

大学3年生時の全日本インカレ2015で5000mを制覇したトラック女王新井沙紀枝(4)選手

5000mPBは15分40秒64

同レースの2位となった立命館大学の現エース大森 菜月(4)選手をラストスパートでねじ伏せています!

ラストのキレには絶対の自信を持つを併せ持つトラッククイーン新井沙紀枝(4)選手の富士山女子駅伝2016での快走に期待です♪

橋本奈津(1) (京都産業大学)

全日本インカレ2016で1500m優勝を飾るなど驚異的なスピードを持つスーパールーキー橋本奈津(1)選手

5000mPBは 15分57秒88

彼女もまたラストのキレには絶対的な自信を持っております。

また、2016年10月に行われた全日本大学女子駅伝2016では、1区(6.4km)に出場し、見事なラストスパートで区間賞を獲得するなど圧倒的なスピードだけでなく距離にも対応できる所を見せてくれています!

終盤まで勝負がもつれたら、橋本奈津(1)選手のラストスパートに他の選手たちはなすすべなくなるでしょう。

富士山女子駅伝2016でも爆発的なスピードを持ったスーパールーキーの活躍に期待です♪

関谷 夏希(1) (大東文化大学)

大学女子駅伝の強豪大東文化大学で、1年生ながら既に5000mPBで最速タイムを持つ関谷 夏希(1)選手

5000mPBは 15分33秒95

5000mPBは大学内トップだけではなく、立命館大学の3選手佐藤 成葉(1)15分27秒83、大森 菜月(4)15分28秒32、太田 琴菜(3)15分33秒74に次ぐ大学女子4番手の快記録となります。

2016年10月に行われた全日本大学女子駅伝2016では5区9.2kmで、区間賞を獲得した大東文化大学のキャプテン全日本インカレ女王の中原 海鈴(4)選手と11秒差の区間3位とルーキーとしては見事な走りでしたが、関谷 夏希(1)選手本人は悔しい走りとなったと語っているところが彼女の大物ぶりを現しているかと思います♪

富士山女子駅伝2016でも底知れぬスーパールーキーの活躍に期待です!

棟久由貴(1) (東京農業大学)

東京農業大学が誇るスタミナモンスター棟久由貴(1)選手

5000mPBは 15分49秒37

ルーキーながら、5000mPB15分台の好記録を持っておりますが、棟久由貴(1)選手の真骨頂は10000m!

2016年7月のホクレン網走大会で、初めての10000mレース出場で記録したPB31分58秒46という自己記録は、ジュニア日本歴代6位、学生歴代4番手、大学1年歴代最高、2016年日本ランキング8位の驚異的な快記録で、もちろん今大会出場選手最高の記録となっております。

また、全日本インカレ2016では、9月2日の10000m2位、9月3日の5000m3位と、2日間連続して行われた過酷なスケジュールで唯一のダブル表彰台を飾るという、全国に驚異的なスタミナを見せつけましたが、棟久由貴(1)選手本人はまだまだこんなもんじゃないと悔やんでおり、我々の想像をはるかに超えた選手であるということが伺えます。

また、エースの使命感から痛みを隠して走った2016年10月の全日本大学女子駅伝2016で左足甲の疲労骨折が判明、全治6週間と診断され調子は完ぺきではないかもしれませんが、個人的には大学女子長距離界のスターが集まる今大会でもポテンシャルはナンバー1かと感じております!

歴代でもこんな逸材はなかなかいないのではないでしょうか。

富士山女子駅伝2016でも棟久由貴(1)選手の爆発的な走りに期待です!

スポンサードリンク

区間エントリー・結果速報

第11回富士山女子駅伝2016(全日本大学女子選抜駅伝) エントリー・結果速報【画像・動画】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す

*