大学大会注目選手

館澤亨次選手紹介 激戦東海大未来のエースはこの男!?全日本区間賞で注目急上昇!

tatezawaeye

2016年大学駅伝界に新たな旋風を巻き起こしている2016年度入学のモンスター世代の東海大学黄金ルーキーズの存在をご存知でしょうか?

そんな東海大学黄金ルーキーズの中でも、ロードで抜群の活躍をみせており、2017年箱根駅伝での走りにも非常に期待が高まっているロードの強者が館澤 亨次(たてざわりょうじ)選手となります。

スポンサードリンク

東海大学 館澤亨次選手

東海大学 館澤亨次選手

いやーかわいい笑顔ですね。館澤 亨次は走っているかっこいい姿とのギャップがすごいですね♪

プロフィール

氏名 館澤 亨次
生年月日 1997年5月16日
高校 埼玉栄高校(埼玉)
大学 東海大学

館澤 亨次選手は2016年に埼玉の名門埼玉栄高校を卒業し、東海大学に進学しております。

大激戦の東海大学黄金ルーキーズの一人として活躍しております。

スポンサードリンク

自己ベスト

800m
1500m
5000m 13分48秒89
10000m 29分50秒67
20000m
ハーフマラソン

2016年7月11日のホクレン網走大会で記録した5000mの13:48.89 という記録は大学でもトップレベルの素晴らしい記録ですね。

館澤 亨次選手のこの記録は東海大学の歴代7位で、レベルの高いモンスター世代でも4位にランクインしております。

東海大学歴代10傑 5000m

1位 13分23秒57 佐藤悠基(2006.08.30)
2位 13分34秒85 村澤明伸(2011.09.13)
3位 13分37秒72 伊達秀晃(2006.05.21)
4位 13分41秒28 關颯人(2016.10.01)
5位 13分43秒61 鬼塚翔太(2016.07.07)
6位 13分46秒10 早川翼(2012.07.07)
7位 13分48秒89 館澤亨次(2016.07.11)
8位 13分49秒33 川端千都(2015.10.03)
9位 13分49秒75 柴田真一(1999.05.16)
10位 13分50秒52 荒井七海(2015.07.12)

佐藤悠基選手を筆頭に偉大な選手ばかりの10傑に1年生ながら割り込んできているのは末恐ろしいですね。

ただ、4位關颯人選手、5位鬼塚翔太選手と館澤 亨次選手と同学年の二人も名を連ねているところがさらに恐ろしい。今年のルーキー世代が黄金世代と呼ばれる所以でしょうね。

2016年度大学入学モンスター世代PB10傑 5000m

  名前 大学 PB
1 關颯人 東海 13:41.28 
2 鬼塚翔太 東海 13:43.61 
3 新迫志希 早大 13:47.97 
4 館澤亨次 東海 13:48.89 
5 舟津彰馬 中央 13:50.8
6 阪口竜平 東海 13:51.69 
7 横川巧 中学 13:52.45 
8 羽生 拓矢 東海 13:52.98 
9 鈴木塁人 青山 13:53.2
10 相澤  晃 東洋 13:54.75 

こちらも錚々たるメンツですね・・・それにしても上位は東海大学ばかりですね(*_*;

関連記事→2016年東海大学黄金ルーキー世代が悲願の箱根制覇へ導く

関連記事→新迫志希選手紹介 中学MVP男!名門早稲田で黄金世代トップに返り咲く!

駅伝成績

高校成績

2013年全国高校駅伝 2区 7位(00:08:16)
2014年全国高校駅伝 1区 7位(00:29:51)
2015年都道府県駅伝 1区 6位(00:20:14)
2015年全国高校駅伝 1区 6位(00:29:33)
2016年都道府県駅伝 1区 6位(00:20:13)

館澤 亨次選手は全国高校駅伝には1年生から出場し、主要区間ですべて一桁着順とハイレベルで安定した実績を残しております。

中央学院大学に進学したベビーフェイスのイケメンスーパールーキー高砂大地選手を懸命の走りでしっかり追っていますね。

館澤 亨次選手はこの後逆転し、タスキわたしをしております。

関連記事→高砂大地選手紹介 驚異のスタミナと笑顔がかわいいイケメンランナー!

大学成績

2016年出雲駅伝 2区 2位(16分34秒)
2016年全日本駅伝 3区 1位(27分15秒)

館澤 亨次選手は高校時代も駅伝でハイレベルで安定した実績を残しておりましたが、大学に入って覚醒し、一皮むけた印象があります。

大学初駅伝の2016年出雲駅伝では、区間賞の青山学院大学田村 和希選手とわずか12秒差の区間2位と素晴らしい力走でした。

また2016年全日本大学駅伝では3区を任され、見事区間賞を獲得!区間2位の出雲駅伝4区区間新と絶好調の早稲田大学鈴木 洋平選手に13秒差つける圧巻の走りでした!

1区鬼塚翔太選手からタスキを受けとり、3区關颯人選手にタスキをつなぎました!

東海大学は2016年出雲駅伝でルーキーを1区から3区まで配置し、それぞれ区間2位、2位、1位と黄金ルーキー旋風を巻き起こしています♪

関連記事→關颯人選手紹介 モンスター世代トップの輝きで打倒青学大本命

関連記事→鬼塚翔太選手紹介 東海大学黄金ルーキー世代の切り込み隊長

下半身がしっかりしていてロードに強そうです♪

2016年全日本大学駅伝では1区、2区がまさかの出遅れで12位でタスキを受けましたが、意地を見せる走りで区間賞、順位を4つ上げて8位でタスキわたしをしております。

主な大会成績

2016関東インカレ1部 男子5000m 15位(14分21秒36)
2016全日本インカレ 男子5000m 14位(14分18秒46)

館澤 亨次選手の持ちタイムや、駅伝での活躍に比べると、インカレではまだまだ思うような走りができていないといったところでしょうか。

1年生にしたら十分すごい活躍なんですけど、ポテンシャルが高いために期待値も上がってしまいますね。

スポンサードリンク

最後に

今後数年間、大学長距離界に旋風を起こし続けるであろう東海大学の黄金ルーキー世代。その筆頭には躍り出ようとしているのが館澤 亨次選手です。
2016年全日本大学駅伝では1区の鬼塚 翔太選手が区間10位と出遅れ、モンスター世代トップと名高い関 颯人が体調不良で出場できない中での3区区間賞と圧巻の活躍で、一躍頭角を現しております

ロードで外さないという彼の特性は、2017年箱根駅伝でもチームにとって非常に頼もしく重要な存在になるでしょう!

今後の活躍にますます期待が膨らみます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*