大学大会戦前予想

2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー、注目選手、戦前予想 ~青山学院大学~

aogakuforecast2

2016年10月10日(月)に迎えた第28回出雲駅伝では危なげなく優勝を飾り、2016年11月6日(日)の第48回 全日本大学駅伝では最終8区まで早稲田大学を追いかける想定外の苦しい展開の中、エース一色恭志選手の活躍で見事な逆転優勝を果たし底力を証明した王者青山学院大学!

ここでは2016年度大学駅伝3冠に王手をかけた王者青山学院大学の2017年第93回箱根駅伝における区間エントリー、注目選手、戦前予想をしていきます。

スポンサードリンク

大学三大駅伝

◆出雲駅伝(2016年10月10日):6区間45.1km

◆全日本大学駅伝(2016年11月6日):8区間106.8km

◆箱根駅伝(2017年1月2,3日):往路5区間107.5km 復路5区間109.6km 計10区間217.1km
スポンサードリンク

2017年第93回箱根駅伝 各区間距離及び中継所

往路
第 1区(21.4㎞) 大手町読売新聞東京本社前~鶴見
第 2区(23.2㎞) 鶴見~戸塚
第 3区(21.5㎞) 戸塚~平塚
第 4区(20.9㎞) 平塚~小田原
第 5区(20.8㎞) 小田原~箱根町芦ノ湖駐車場入口
復路
第 6区(20.8㎞) 箱根町芦ノ湖駐車場入口~小田原
第 7区(21.3㎞) 小田原~平塚
第 8区(21.5㎞) 平塚~戸塚
第 9区(23.2㎞) 戸塚~鶴見
第10区(23.1㎞) 鶴見~日本橋~大手町読売新聞東京本社前

※2017年第93回箱根駅伝から、4区は2.4km長く、5区は2.4km短くなります。

4区:18.5km → 20.9km
5区:23.2km → 20.8km

5区が山の神と呼ばれるような選手を多く生み出す注目の区間である一方で選手への負担や総合優勝への貢献度の高さが問題視されてきたことが理由に挙げられています。

2017年第93回箱根駅伝 青山学院大学区間エントリー予想

往路

1区:鈴木塁人(1年)

1区は2016年世田谷ハーフマラソンで日本人トップの2位でゴールし、1年生ながら長い距離に対応できることを証明したスーパールーキーの鈴木塁人選手!

鈴木塁人選手本人は5区挑戦への希望も口にしておりましたが、原晋監督は早くから鈴木塁人選手には箱根駅伝1区の適性があると話しており、2016年第28回出雲駅伝でも1区を任せるなど期待の高さが伺えます!

関連記事→鈴木塁人選手紹介 アジアジュニアも制覇した青学大のスーパールーキー

2区:一色恭志(4年)

エース区間花の2区は、絶対的エース一色恭志選手です。

1年生から3大駅伝の主要区間を任されてきたこともあり、実は大学駅伝で一度も区間賞を獲得したことがないというのは、彼の実力からすると驚きの事実ですが、ここでも山梨学院大学のドミニクニャイロ選手や日本大学パトリック・マゼンゲ・ワンブィ選手等、大学長距離界のエース達と争うことになるでしょう。

強豪ひしめく王者青山学院大学といえど、花の2区を安心して任せられるのは、エースの一色恭志選手だけかと思います!

大学4年生になった2016年度は、第100回日本陸上選手権5000mで強豪選手が集う中、13分39秒65の自己ベストを記録し4位と健闘する等、さらに一皮むけた印象もあり、黒人ランナーとも真っ向からバチバチに勝負して、大学最後の箱根駅伝で是非とも区間賞を獲得してほしいものです♪

関連記事→P・M・ワンブィ選手紹介 日本大学が誇る大砲!漆黒の最速最強ランナー!

3区:森田歩希(2年)

3区は2016年11月6日(日)に行われた秩父宮賜杯 第48回 全日本大学駅伝対校選手権大会で6区を任され、歴代3位タイの好タイムで区間賞そしてMVPを獲得し、一気に箱根駅伝候補に躍り出た2年生の森田歩希選手です!

ケガの影響もあり、まだ安定した実績は残せておりませんが、ここ最近の上昇度はチームナンバー1ではないでしょうか♪

5000mの中学生歴代記録を保持していることからも分かるようにポテンシャルは申し分ないので、全日本大学駅伝での復活の走りから好調を持続できれば2017年第93回箱根駅伝でも爆発的な走りを見せてくれるでしょう♪

関連記事→森田歩希選手紹介 帰ってきた日本のほまれ!歴代記録保持者が全日本大学駅伝MVPで世代トップに返り咲く

https://twitter.com/ihimorita/status/795141378770513920

4区:田村和希(3年)

4区は2015年、2016年と2年連続して箱根駅伝4区で区間賞を獲得している3年生エース田村和希選手となります。

彼の実力からすれば1区や3区も任せられるとは思いますが、この区間2年連続で区間賞という抜群の経験があり、また2017年から距離が2.4km延びて重要度が増した区間であるということを考えると、そのまま田村和希選手に任せたいと思います。

万が一3区森田歩希選手がはずしても4区に常に全力を発揮できるゲームチェンジャー田村和希選手がいるという安心感は、他大学にはまねできない青山学院大学の強みかと思います。

https://twitter.com/youaogakulove/status/795766555762036736

5区:秋山雄飛(4年)

山登りの5区は悩みましたが、4年生の秋山雄飛選手に任せたいと思います。

前年までは3代目山の神である神野大地選手がおりましたが、秋山雄飛選手も元々山上りの適性があると言われております。

また、2016年第92回箱根駅伝では主要区間である3区を任され、駒澤大学のエース中谷圭佑選手、東洋大学のスピードスター服部弾馬選手らを抑え区間賞を獲得した走りは衝撃的でした!

好不調の波が激しく2016年度は今のところ不調が続いておりますが、2017年第93回箱根駅伝に向けて調子が上向けば、思い切って5区を任せられる存在ではないでしょうか♪

復路

6区:小野田勇次(2年)

ここはまず異論はないでしょう!6区山下りはスペシャリスト小野田勇次選手以外考えられません。

2015年第91回箱根駅伝で6区を59分11秒の区間2位で走った村井駿選手を擁しながら、2016年第92回箱根駅伝では6区山下りは当時1年生の小野田勇次選手が抜擢されております。

原晋監督の58分台のペースで来る力があるという戦前の言葉通り、58分31秒の区間記録タイ、青山学院大学歴代記録という圧倒的なスピードで颯爽と駆け下りた姿は圧巻の一言でした。

2016年度はさらに絶好調であるため、区間新記録の更新にも期待がかかります♪

関連記事→小野田勇次選手紹介 山下りの神様!青学箱根制覇のカギを握る新山の神!?

7区:吉永竜聖(3年)

ここも迷いましたが、3年生の吉永竜聖選手にします!

2016年全日本大学駅伝で大学駅伝デビューを飾りましたが、3区区間5位と王者青山学院大学の選手としては不十分な成績となりましたが、追試の2016年11月13日に行われた世田谷246ハーフマラソンでは鈴木塁人選手に次ぐチーム2位の1時間03分36秒という好記録(チーム9番手)を残しており、追試合格となったのではないでしょうか♪

吉永竜聖選手の5000m13分49秒83というPBはチーム4番手の記録で、このスピードを活かすとすると7区が最適でしょう。

8区:池田生成(4年)

ここも悩みましたが、2017年第93回箱根駅伝のサプライズは池田生成選手になることを期待します♪

大学3大駅伝の出場経験はありませんが、10000m28分台、ハーフ1時間2分台と他大学であればエースクラスとして活躍できるほどの持ちタイムを保持しております。

4年生最後の駅伝でこれまでのすべてをぶつけて頂きたいと思います♪

https://twitter.com/marippe618/status/782354408734457856

9区:下田裕太(3年)

ここは2016年東京マラソン日本人学生1位になる等、距離が延びてこその下田裕太選手に任せておけば安心でしょう!

10000m、ハーフマラソンで共にエース一色恭志選手に次ぐ、チーム2番手の記録を持つ選手をここに配置できるの贅沢ですね♪

2016年第92回箱根駅伝では8区区間賞の下田裕太選手ですが、2017年第93回箱根駅伝では9区での区間賞を期待します♪

10区:安藤悠哉(4年)

アンカーは安藤悠哉主将に託します!

2016年全日本大学駅伝では4区を任され区間5位と満足いかない結果となりましたが、2016年出雲駅伝5区区間新記録での区間賞を獲得する等実績は問題ありません!

2年生時の2014年第91回箱根駅伝で10区区間2位で青山学院大学初優勝のゴールテープを切っていることもあり10区への適性も問題ありませんね♪

大学卒業後は陸上競技を引退し、「ニューバランスジャパン」という大手スポーツ用品メーカーの営業職への内定が決まっている安藤悠哉選手!

ここは、安藤悠哉主将が陸上競技生活の集大成として有終の美を飾ってくれるでしょう!

補欠

茂木亮太

中村祐紀

貞永隆佑

コンディション次第では、この3人の実力者も当然エントリー候補には入ってくるかと思います。

特に中村祐紀選手は実力は申し分ないのでコンディションさえ戻ってくればエントリーは濃厚かと思います。その場合は7区か8区を任されると予想します。

2016年出雲駅伝4区2位のイケメン茂木亮太選手も好調を維持しており、貞永隆佑選手は山の適性があるとのことで5区の補欠候補かと思います。

この3人を外してもエントリーを組めてしまうということが、王者青山学院大学の層の厚さを物語っています。他大学であればほぼ間違いなくエントリーされるのではないでしょうか。

まとめ

1区:鈴木塁人(1年)

2区:一色恭志(4年)

3区:森田歩希(2年)

4区:田村和希(3年)

5区:秋山雄飛(4年)

6区:小野田勇次(2年)

7区:吉永竜聖(3年)

8区:池田生成(4年)

9区:下田裕太(3年)

10区:安藤悠哉(4年)

最大のポイントとしてはそれまでの流れを一変させる力のあるゲームチェンジャーになりうる一色恭志選手、田村和希選手、小野田勇次選手を2区4区6区の偶数区間に配置した形になります!

1区、3区、5区の奇数区間には爆発力の期待はあるが、安定感には欠ける選手が配置されており、もし万が一奇数区間の選手達がブレーキした場合も直後のゲームチェンジャーが流れを引き戻せるような区間配置になっております♪

奇数区間の選手たちも爆発力を見せることができた場合には、他大学は付け入るスキはなくなりますね!

関連記事→2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー予想 ~早稲田大学~

関連記事→2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー予想 ~東海大学~

関連記事→2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー予想 ~駒沢大学~

スポンサードリンク

第93回箱根駅伝2017区間エントリー

※2017年1月2日、3日の当日変更も含めて超速報していきます。

第93回箱根駅伝2017 区間エントリー選手一覧(全チーム)【画像・動画】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*