大学大会戦前予想

2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー、注目選手、戦前予想 ~東海大学~

tokaieye

2016年10月10日(月)の第28回 出雲駅伝では1区から3区までルーキーを並べ、3区終了時点で王者青山学院大学の前を走る等、活躍が目覚ましいモンスター世代の黄金ルーキーズを擁し、箱根駅伝初の総合優勝を目指す東海大学の2017年第93回箱根駅伝における区間エントリー、注目選手、戦前予想をしていきます。

スポンサードリンク

大学三大駅伝

◆出雲駅伝(2016年10月10日):6区間45.1km

◆全日本大学駅伝(2016年11月6日):8区間106.8km

◆箱根駅伝(2017年1月2,3日):往路5区間107.5km 復路5区間109.6km 計10区間217.1km
スポンサードリンク

2017年第93回箱根駅伝 各区間距離及び中継所

往路
第 1区(21.4㎞) 大手町読売新聞東京本社前~鶴見
第 2区(23.2㎞) 鶴見~戸塚
第 3区(21.5㎞) 戸塚~平塚
第 4区(20.9㎞) 平塚~小田原
第 5区(20.8㎞) 小田原~箱根町芦ノ湖駐車場入口
復路
第 6区(20.8㎞) 箱根町芦ノ湖駐車場入口~小田原
第 7区(21.3㎞) 小田原~平塚
第 8区(21.5㎞) 平塚~戸塚
第 9区(23.2㎞) 戸塚~鶴見
第10区(23.1㎞) 鶴見~日本橋~大手町読売新聞東京本社前

※2017年第93回箱根駅伝から、4区は2.4km長く、5区は2.4km短くなります。

4区:18.5km → 20.9km
5区:23.2km → 20.8km

5区が山の神と呼ばれるような選手を多く生み出す注目の区間である一方で選手への負担や総合優勝への貢献度の高さが問題視されてきたことが理由に挙げられています。

2017年第93回箱根駅伝 東海大学区間エントリー予想

往路

1区: 鬼塚翔太 (1年)

1区は東海大学の切り込み隊長 鬼塚翔太(おにづかしょうた)選手を信じましょう!

11月の2016年全日本大学駅伝では1区10位と出遅れてしまいましたが、あれが彼の実力不足だったとは思えません。

10月の2016年出雲駅伝では大学駅伝デビュー戦ながら、1区2位と好走しております。

トラックシーズンでも5000mでは13分43秒61という東海大学歴代5位の圧倒的なスピードを見せており、10000mでも28分55秒26と長い距離への適応もみせつつあります

また、なんといっても2016年11月20日(日)に開催された第29回 2016上尾シティハーフマラソンでは早稲田大学の武田凛太郎 選手、山梨学院大学の上田 健太選手に次ぐ3位でゴールしており、タイムはなんと1時間02分3秒でジュニア歴代2位、東海大歴代記録を樹立しております。

切り込み隊長としてのポテンシャルは間違いなく、また高校時代から一線級で活躍し続けている鬼塚翔太選手なら2017年第93回箱根駅伝にもしっかりあわせて来るでしょう!

鬼塚翔太選手が1区で流れを呼び込む走りができれば、2016年出雲駅伝のように東海大学がレース序盤の主導権を握ることも考えられます♪

関連記事→鬼塚翔太選手紹介 東海大学黄金ルーキー世代の切り込み隊長

2区:關 颯人(1年)

花の2区はモンスター世代最強のゴールデンルーキー關 颯人(せきはやと)選手に託します!

11月の2016年全日本大学駅伝では直前にノロウィルスにかかり出場を断念。

東海大学は10月の2016年出雲駅伝では關 颯人選手の3区区間賞の活躍もあり総合3位となって、全日本大学駅伝の戦前は優勝争いまで期待されていましたが、關 颯人選手の不出場の影響が大きく総合7位でまさかのシード落ちに終わっています。

全日本大学駅伝で優勝した青山学院大学は1区で出遅れながら2区で3年生エースの田村 和希選手が爆発的な走りを見せ、ゲームチェンジャーの役割を果たすことで一気に流れを呼び戻しています。

東海大学箱根駅伝初制覇のために關 颯人選手には田村 和希選手同様の、いやそれ以上の爆発的な役割を期待します♪

2016年12月3日(土)に行われた第255回日体大記録会2016にて復帰し、ラップタイム2分55秒を正確に10回刻むという驚異的なペースランニングで29分09秒02でゴールしています。

これなら箱根駅伝2017までには本来の調子に戻せそうですね!楽しみです!

関連記事→關颯人選手紹介 モンスター世代トップの輝きで打倒青学大本命

3区:春日千速(3年) 

3区は3年生の春日千速(かすがちはや)選手を信じます!

1年生の高田凜太郎選手を置いて往路全員1年生というのも考えましたが・・・いくらなんでもさすがにないかなということで、上級生で現在調子のよさそうな春日千速選手にど真ん中の3区をしっかり走って上級生の意地を見せて頂きたいと思います!

2016年度の出雲駅伝、全日本大学駅伝には出場できませんでしたが、2016年11月20日(日)に開催された第29回 2016上尾シティハーフマラソンで 1時間03分10秒と自己記録を更新する等、ここにきて復調著しく、不調が目立つ上級生の中でも、全日本大学駅伝2016で6区区間2位と好走した國行麗生選手と並び調子は良さそうですので期待です!

4区:松尾淳之介(1年) 

4区はここ最近頭角を現して、一気に往路候補にまで上り詰めた絶好調ルーキー松尾淳之介(まつおじゅんのすけ)選手です。

2016年10月22日(土)に行われた第253回日体大記録会で10000m初挑戦ながらいきなり28分59秒65と28分台ランナーの仲間入り!

そして何と言っても、第29回 2016上尾シティハーフマラソンでこちらもハーフマラソン初挑戦ながらいきなり 1時間02分17秒の記録で錚々たる顔ぶれの中8位でゴールしており、東海大学の歴代5位、ジュニアでも歴代5位にランクインしています♪

本当に東海大学の1年生はどうなっているんでしょうかね!

クロスカントリーが強く登りの適性も高いようで5区候補にもなっていることから、4区終盤の登りも安心です!

5区:館澤亨次(1年)

5区山登りは、こちらもスーパールーキー館澤亨次(たてざわりょうじ)選手に期待したいです!

10月の2016年出雲駅伝では大学駅伝デビュー戦ながら、2区2位と好走し、11月の2016年全日本大学駅伝では3区を任され想定外の12位でタスキを受け取り難しい走りでしたが、意地をみせ見事に区間賞を獲得しております!

また、高校2年生時に2015年2月8日開催の千葉国際クロスカントリー ジュニア男子 8kmで優勝を飾り。2015年3月28日に行われた世界クロスカントリー選手権大会にも出場する等、アップダウンの適性は高そうですので、アップアップの山登りも頑張ってほしいですね♪

関連記事→館澤亨次選手紹介 激戦東海大未来のエースはこの男!?全日本区間賞で注目急上昇!

復路

6区:中島怜利 (1年)

6区はこちらもスーパールーキーの一人である中島怜利(なかしまれいり)選手に一気に駆け下りてもらいましょう!

本人が、「スピードがない分、長い距離へこだわりを持っている」と語っている通り、2016年高島平ロードレース(大学20km)で7位入賞する等、早くも長い距離への対応を見せています。

5000m14分06秒95のPBがあるのでスピードがないわけでは全然ないのですが、同学年のモンスター世代の黄金ルーキー達と比べてしまうとということですかね・・・

関連記事→2016年東海大学黄金ルーキー世代が悲願の箱根制覇へ導く

大学3大駅伝にはまだ出場しておりませんが、男鹿駅伝最終7区8.38kmの下り区間を23分31秒で駆け下り断トツの区間賞を獲得する等、下りの適性も高く大学3大駅伝デビューにうってつけの舞台ではないでしょうか♪

7区:川端千都(3年)  

7区はポテンシャルは間違いなしハマれば強い3年生の川端千都(かわばたかずと)選手に託します!

5000m 13分49秒33(東海大学現役4位)、10000m28分44秒71(東海大学現役2位)と持ちタイムは学生トップレベルを記録しているものの、駅伝ではなかなか好成績を残すことができておりません。

持ちタイムが示す通りポテンシャルは間違いなく、2016年11月27(日)に行われた第173回東海大学記録会では10000mの1組2組に連続出場しともに30分を着るタイムでゴールする等調整も順調そうです!

ルーキー達の勢いはすごいですが、やっぱり上級生の力がないと箱根駅伝2017での東海大学の優勝は見えてこないので是非とも本来のポテンシャルを爆発させて、チームの勢いを加速させて頂きたいです♪

8区:高田凜太郎(1年) 

8区は松尾淳之介選手と共にここ最近一気に頭角を現してきたルーキー高田凜太郎(たかたりんたろう)選手です。

2016年10月22日(土)に行われた第253回日体大記録会で10000mを28分57秒91と28分台ランナーの仲間入り!

そして2016年11月20日(日)に行われた第29回 2016上尾シティハーフマラソンではハーフマラソン初挑戦ながらいきなり 1時間03分03秒の好記録でゴールしており、一気に箱根候補にまで名乗りを上げてきました!

 

9区:國行麗生(3年)

9区復路のエース区間は3年生で好調の國行麗生選手に託します!

2016年全日本大学駅伝では6区(12.3km)を35分54秒の好タイムで区間2位と絶好調なので安心して任せられますね♪

是非ともこのまま好調を維持し、区間賞を狙っていただきたいです!

故障等はなさそうですが2016年11月20日(日)に行われた第29回 2016上尾シティハーフマラソンに出場していないのが少し気になりますね。もしかして特殊区間(6区?)での出場の可能性もありますかね?

10区:湯澤舜(2年) 

最終10区は2年生から唯一のエントリー絶好調の湯澤舜選手です!

2016年10月22日(土)に行われた第253回日体大記録会で10000mを29分13秒44と自己ベストを更新しています!

また、2016年11月20日(日)に行われた第29回 2016上尾シティハーフマラソンでは従来の自己ベストを40秒以上更新し 1時間03分22秒(東海大学現役8番手)の好記録でゴールしており、一気に箱根候補にまで名乗りを上げてきました!

ただ、2016年度の駅伝シーズンの同レースで共に頭角を現してきた松尾淳之介選手(1年)と高田凜太郎選手(1年)には10000m、ハーフマラソン共に見劣りしてしまうので、層の厚い東海大学の中ではボーダーライン上の選手ではないかと思います。

最後の合宿でどれだけアピールできるかが箱根駅伝出場を左右するのではないでしょうか!

https://twitter.com/runrun_4u/status/791971372549283840

次点

荒井七海(4年)

廣田雄希(4年)

石橋安孝(4年)

林竜之介(4年)

湊谷春紀(2年)

郡司陽大(1年)

いやーすごい顔ぶれですね!

それぞれが万全の状態であれば、箱根駅伝でも十分に計算のできる選手ばかりです!

1年生の勢いがすごいので、残念ながらいまは故障などで不調に陥っている上級生たちが万全の状態で第93回箱根駅伝2017に臨めていたら、優勝候補の筆頭と言われても不思議ではない層の厚さではないでしょうか!

この中では、11月27日(日)の第173回東海大学記録会に林竜之介選手(4年)、郡司陽大選手(1年)が出場し順調な調整を見せており、残りの1か月で調子を上げられれば箱根駅伝に間に合うかもしれませんが、他の選手たちは少し厳しい状況でしょうか。

まとめ

1区:鬼塚翔太 (1年)

2区:關 颯人(1年)

3区:春日千速(3年) 

4区:松尾淳之介(1年)

5区:館澤亨次(1年)

6区:中島怜利 (1年)

7区:川端千都(3年)

8区:高田凜太郎(1年)

9区:國行麗生(3年)

10区:湯澤舜(2年) 

いやぁ、自重したつもりでしたが結局はモンスタールーキーズが6人もエントリーですね!しかも往路は5人中4人がルーキー(笑)

それだけ1年生の勢いがすさまじいということでしょうか!

残念なのは、実力のある上級生達が軒並み不調に陥っている点ですね・・・

たらればになってしまいますが、上級生たちが万全だったら・・・ということをどうしても考えてしまいます。

まぁ、そういっていてもしょうがないのでポジティブにとらえると、絶好調のスーパールーキー達が怖いもの知らずの勢いでそれぞれ120%の力を発揮してくれれば、万全の上級生にも勝る爆発力のあるチームになっているとも言えるのではないでしょうか!

シード落ちの可能性もあれば、優勝の可能性もある!そんな魅力あるチームかと思います♪

関連記事→2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー予想 ~青山学院大学~

関連記事→2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー予想 ~早稲田大学~

関連記事→2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー予想 ~駒沢大学~

関連記事→箱根駅伝2017順位予想 王者青学陥落!新王者は本命早稲田?対抗駒沢?大穴東海?

スポンサードリンク

第93回箱根駅伝2017区間エントリー

※2017年1月2日、3日の当日変更も含めて超速報していきます。

第93回箱根駅伝2017 区間エントリー選手一覧(全チーム)【画像・動画】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
関連記事はこちら

コメントを残す

*