大学大会注目選手

第93回箱根駅伝2017 要 注目選手紹介①(各校2名に絞って!)これで箱根が100倍楽しめる♪

promiss

2017年1月2日(月)、3日(火)に行われる日本のお正月の風物詩、第93回箱根駅伝2017まであと2か月を切りましたね!

お正月親戚が箱根駅伝のテレビはつけてはいるけど選手もよくわからないし、私はいまいち楽しめてないなという方は多いのではないでしょうか?

ここではそんなあなたが箱根駅伝を100倍楽しめるように、第93回箱根駅伝2017における要注目選手を各大学2選手に絞ってご紹介していきます♪(絞るの大変)

スポンサードリンク

各大学2選手に絞るところがみそですね!

全選手を一気にとなるととてもチェックしきれないし面倒かと思いますので、要注目選手各校2名に絞ってご紹介します。

各校2名だけでもどんな人なのか、どのくらいすごい人なのかといったことを知っているのと知っていないでは、テレビをつけていても楽しさが全然違いますので、まずは要注目選手各校2名をチェックして頂ければと思います!

正直私も選手を知るまでは山の神ふーんといった感じで流していましたが、選手を一人、二人と知っていくにつれて気付いたらどっぷりはまってしまいましたね♪

綾野剛さんも毎年欠かさず夢中になって見ている箱根駅伝!日本発祥の競技である駅伝を皆さんも少しでも楽しんで頂ければと思います♪

第93回箱根駅伝2017の気になる概要はこちら↓
第93回箱根駅伝2017概要について(開催日程、コース、変更点、出場校等)

それでは、まず第一弾として2016年11月6日(日)に行われた第48回 全日本大学駅伝の上位4チームの大学(青学、早稲田、山学、駒沢)を順番にご紹介していきますね♪

この4チームが第93回箱根駅伝2017の優勝候補筆頭になりますのでテレビに映る機会も多いと想定されるため、この第一弾に出てくる8選手だけチェックして頂けるだけでも70倍くらい楽しめるかもです♪

第93回箱根駅伝2017要注目選手

青山学院大学

一色恭志選手(4年)

ハーフマラソンPB:1時間02分09秒

まず一人目は、エース区間花の2区を任されるであろう絶対的エース一色恭志(いっしきただし)選手です。

この人は外せないですね、大学長距離界のエースと言っても過言ではない程の選手ですからね♪

先日の全日本大学駅伝2016でも最終8区で先頭と49秒差でタスキを受けると、爆発的なスピードで差を縮めわずか6kmで逆転、その後も圧倒的な走りで差を広げ続け、最後は2位と56秒差をつける圧勝となりました。

一色恭志選手の圧倒的なスピードとスタミナは他校からすれば驚異そのもので、彼がいるかいないかで青山学院大学は別のチームになってしまうほどの影響力を持ったランナーです。

イケメンで女性ファンも多く、速くて強くてモテると3拍子揃ったランナーですね♪

森田歩希選手(2年)

ハーフマラソンPB:1時間03分01秒

王者青山学院大学から2人目を選ぶとすれば、次期エース候補の2年生森田歩希(もりたほまれ)選手

なんといっても中学3年生時の平国大競技会(2011年12月10日)で、14分38秒99という中学生歴代最高記録をマークしています。

日本人中学生の歴代1位ですからね。ポテンシャルは申し分ないです!その後は故障から不調が続いておりましたが、先日の第48回 全日本大学駅伝2016で6区を任されると歴代3位タイの好タイムで区間賞そして大会MVPを獲得し、見事復活してきております。

第93回箱根駅伝2017でも歴代記録保持者のポテンシャルをいかんなく発揮して頂きたいと思います♪

関連記事→森田歩希選手紹介 帰ってきた日本のほまれ!歴代記録保持者が全日本大学駅伝MVPで世代トップに返り咲く

https://twitter.com/kinako7260/status/795858887207370752

いやー優勝候補筆頭の王者青山学院大学から注目選手を二人に絞るのはかなり酷な作業ですね(汗)

本当はこの他にもご紹介したい選手はまだまだいますが・・・

気になる方はこちらをどうぞ↓
2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー、注目選手、戦前予想 ~青山学院大学~

早稲田大学

永山博基選手(2年)

ハーフマラソンPB:1時間02分55秒

まず一人目は早稲田大学の次期エース候補2年生の永山博基(ながやまひろき)選手です!

第48回全日本大学駅伝2016では4区を任され、拓殖大学の宇田 朋史主将、中央学院大学のスーパールーキー高砂 大地選手、山梨学院大学の 3年生エース市谷 龍太郎選手らを抑えて見事に区間賞を獲得する等、現在絶好調で第93回箱根駅伝2017でも、エース区間である花の2区を任される可能性もある選手です♪

関連記事→永山博基選手紹介 早稲田大学箱根制覇のカギを握るイケメンホープ!全日本大学駅伝区間賞でさらなる覚醒!

鈴木洋平選手(4年)

ハーフマラソンPB:1時間06分24秒1時間02分15秒※2016年11月20日更新

古豪早稲田大学から2人目を選ぶとすれば、4年生の絶好調男鈴木洋平(すずきようへい)選手

ハーフマラソンの持ちタイムは他の選手らに比べると見劣りしますが、そんなの関係ねぇ♪

2016年11月20日に開催された上尾ハーフマラソンで1時間02分15秒をマークし自己ベストを大幅に更新。日本人現役学生11番目の好タイムで絶好調を証明!

2016年第28回出雲駅伝では区間新記録で4区区間賞、2016年第48回 全日本大学駅伝では3区区間2位と現在絶好調!永山博基選手と共に現在最も信頼できるランナーです♪

第48回全日本大学駅伝2016は永山博基選手、鈴木洋平選手の2人の活躍で古豪早稲田が王者青山学院大学を追い詰める展開で大いに盛り上がりました!第93回箱根駅伝2017でも同様にワクワクさせてくれる展開を期待したいですね♪

早稲田大学も有力選手が豊富なのでまだまだ注目の選手はいて、二人に絞るのはかなり大変でした・・・

気になる方はこちらをどうぞ↓
2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー、注目選手、戦前予想 ~早稲田大学~

山梨学院大学

ドミニク ニャイロ選手(2年)

ハーフマラソンPB:1時間00分50秒

山梨学院大学の注目選手一人目は2年生の留学生黒人ランナードミニク ニャイロ選

この選手は文句なしですね。なんていったってハーフマラソンの1時間00分50秒というPBは現役学生No1ですからね♪

大学3大駅伝は1年生時からフル出場で5回中4回で区間賞、1回は区間2位とこれまた圧倒的な成績です!

第92回箱根駅伝2016では1年生ながらエース区間の花の2区を任され区間2位と初めて区間賞を逃しましたが、第93回箱根駅伝2017では花の2区の区間賞候補筆頭ですね♪

佐藤孝哉選手(4年)

ハーフマラソンPB:1時間03分12秒1時間02分28秒※2016年11月20日更新

山梨学院大学の注目選手二人目は4年生の佐藤孝哉(さとうたかや)選手

2016年9月24 日に行われた日体大記録会で、10000m28分26秒70という日本人現役学生ベスト5の好記録をマークしトラックでは絶好調です♪

2016年11月20日に開催された上尾ハーフマラソンで1時間02分28秒をマークし自己ベストを大幅に更新。ここでも絶好調を証明!

ただ出雲駅伝2016では3区区間9位、全日本大学駅伝2016では2区区間5位と駅伝シーズンではいまいちこのポテンシャルを活かしきれていないのが少々不安ではありますが、そこは経験のある4年生なので第93回箱根駅伝2017にはしっかりあわせてきてくれるでしょう!

山梨学院大学の大砲ドミニクニャイロ選手は他大にとっては脅威ですね。

ドミニクニャイロ選手、佐藤孝哉選手の他にも実力ある選手がおり、1区2区の序盤で主導権をがっちり握ることができれば往路優勝も可能ではないかと思います♪

駒澤大学

中谷圭佑選手(4年)

ハーフマラソンPB:1時間01分21秒

まず一人目は、レースの流れを作る重要な1区を任されるであろう絶対的エース中谷圭佑(なかたにけいすけ)選手です!

この人も外せないです。青山学院大学の一色恭志選手とともに大学長距離界のエースですからね♪

ハーフマラソン現役日本人学生トップの1時間01分21秒、10000mでも同じく現役日本人学生トップの28分17秒56という持ちタイムを持っており、現役日本人学生ナンバー1ランナーと言っても過言ではないでしょう!

駅伝でも、2014年第90回箱根駅伝では4区区間賞、 2015年第91回箱根駅伝では3区区間賞、2016年第92回箱根駅伝では3区区間2位と、1年生時から箱根駅伝に連続出場し見事な実績を残しております。

2016年の出雲駅伝、全日本大学駅伝には故障の影響で出場しておらず、故障の回復具合だけが少し気がかりではありますが、中谷圭佑選手が完全復活しない限りは駒澤大学の往路優勝も総合優勝も見えてこないので、是非とも最後の箱根駅伝にあわせて頂きたいと思います。

下史典選手(2年)

ハーフマラソンPB:1時間03分50秒

駒沢大学から2人目を選ぶとすれば、次期エース候補の2年生下史典(しもふみのり)選手!

2014年全国高校駅伝花の1区区間賞の走りで世代最強の称号を得て、2015年駒沢大学に鳴り物入りで入学した世代トップランナーの一人が、これまで大学では目立った成績をなかなか残せなかったですが、2016年出雲駅伝では歴代の区間記録を更新する等、ここに来て復活の兆し!

最後に上り坂のある全国高校駅伝1区で区間賞を獲得していることから、箱根駅伝4区が適任ではないでしょうか♪

 

関連記事→下史典選手紹介 駒沢大学次期エース候補筆頭!箱根路で世代最強の走りが復活なるか!?

駒澤大学も注目ランナーは多いですね!まだまだいます!

中でも中谷圭佑選手、下史典選手のお二人が圧倒的な活躍をしてくれれば駒澤大学の往路優勝の可能性は高いのではないでしょうか。また流れに乗って総合優勝までもということもあるのではないでしょうか♪

気になる方はこちらをどうぞ↓
2017年第93回箱根駅伝 区間エントリー、注目選手、戦前予想 ~駒沢大学~

スポンサードリンク

おわりに

第93回箱根駅伝2017要注目選手まとめ

♦青山学院大学
一色恭志(いっしきただし)選手(4年)
 森田歩希(もりたほまれ)選手(2年)

♦早稲田大学
永山博基(ながやまひろき)選手(2年)
鈴木洋平(すずきようへい)選手(4年)

♦山梨学院大学
ドミニク ニャイロ選手(2年)
佐藤孝哉(さとうたかや)選手(4年)

♦ 駒澤大学
中谷圭佑(なかたにけいすけ)選手(4年)
下史典(しもふみのり)選手(2年)

いかがでしたでしょうか?箱根駅伝を100倍楽しめそうでしょうか!?駅伝は日本が生んだ伝統のスポーツですから是非とも楽しんでいただきたいですね!

8人も覚えられねーよ!という方も、当日はこちらのページを開きながら応援して頂ければ楽しめるかと思います♪

全力で1秒を削り出す熱き大学生たちの本気の戦いを是非とも100倍楽しんで頂きたいです!

関連記事→箱根駅伝2017 要注目選手紹介②(各校2名に絞って!)これで箱根が100倍楽しめる♪

第93回箱根駅伝2017概要

第93回箱根駅伝2017概要について(開催日程、コース、出場校、歴代記録、フリーザ様等)

第93回箱根駅伝2017区間エントリー

第93回箱根駅伝2017 区間エントリー選手一覧(全チーム)像・動画】

スポンサードリンク

第93回箱根駅伝2017結果速報

第93回箱根駅伝2017 結果速報・まとめ【画像・動画】

一緒に箱根駅伝を盛り上げたいと思う方はシェアをお願いします♪

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*